ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

助産学科

助産学科1年制定員20名

 

愛を育む、いのちをつなぐ、新しい家族を作る

 

 

学科の特徴

 

助産師はどんな仕事をする人?

分娩介助

産婦さんに付き添って、安全に安心して出産できるように励まし支えます。

妊婦・産婦・褥婦・新生児の保健指導

安全で快適なマタニティライフや満足のいく出産、産後の育児について一緒に考え、具体的な方法をお話しします。

沐浴の写真

 

生涯にわたる女性と家族への支援

乳幼児期、思春期、成人期、更年期・老年期にある女性の健康と生活を一生にわたって支えます。

助産師国家資格で独立開業でき幅広く活躍

助産師は病院・診療所・助産院での活躍はもちろん、助産院の独立開業を行うことができます。

また、海外での助産活動も期待されています。

助産師になるためには

助産学科の入学には、看護師学校養成所の卒業が要件となります。

(受験資格は、入試関連情報の募集要項をご覧ください)

助産師免許の申請・取得までの経過

 

実習施設

岐阜県内の総合周産期母子医療センター、産科病院・クリニック、助産院、地域保健センターで実習をしています。たくさんの施設にご協力を頂いています。

 

卒業生の就職状況

岐阜県内外の病院・クリニックに就職しています。

実習施設には、たくさん先輩が働いています。

 

1年間の学習のながれ

4月から7月講義・技術演習

講義の様子

毎日、たくさんのディスカッションをして他者の意見を聞き、知識を蓄えます。

また、授業を通して話す力・聞く力・まとめる力も養います。

 

技術演習所の写真

妊娠・出産・産褥が自然で安全に経過し、対象者が主体的に育児を行えるよう支援できる力を養います。

繰り返し練習を行い、技術の習得に努めています。