ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「ぎふ県政ほっとライン」

ほっとライン

県政のホットな情報や、県内各地のほっとする話題をお届けします。

 ぎふチャン(岐阜放送)

<通常版>
県からのお知らせや、旬な情報を分かりやすく紹介します。
放送日:毎週木曜日18時53分から18時57分
再放送:放送直後の火曜日21時54分から21時58分

<特別版>
30分の特別版を年4回放送します。
放送日等の詳細は、決まりしだい、ホームページ等でお知らせします。

 

トップページで紹介中!

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館〜体感!リニューアルした空宙博(そらはく)〜

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館〜体感!リニューアルした空宙博(そらはく)〜(外部サイト)

【空宙博】岐阜かかみがはら航空宇宙博物館公式ウェブサイト(外部サイト)

先日リニューアルオープンした岐阜かかみがはら航空宇宙博物館「空宙博(そらはく)」を紹介します。


今回の放送

通常版(4分)

岐阜メモリアルセンター長良川競技場の前でおもてなし活動に参加する高校生アテンダントの研修会にお邪魔しました研修会の様子

みんなで参加し応援しよう~第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会~(外部サイト)

放送日:平成30年5月24日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年5月29日(火曜日)21時54分から21時58分

平成30年6月7日から岐阜メモリアルセンター長良川競技場で「第18回アジアジュニア陸上選手権大会」が開催されます。

世界レベルのジュニア選手が一堂に会するアジア最高峰の陸上競技大会です。この大会では、アジア各国から来た選手が競技に全力で取り組めるように、多くのボランティアスタッフが運営に関わっています。

番組では、ボランティアスタッフの中でも選手たちと同世代である「高校生アテンダント」の研修の様子を紹介します。



過去の放送

拡大版(30分)

オール企業フェスティバル等により岐阜県への就業を促進トマトの研修施設を卒業した新規就農者移住・定住により、地域産業の担い手を確保

ぎふの未来を支える人材の育成と確保〜(外部サイト)

放送日:平成30年2月21日(水曜日)19時30分から20時00分

再放送:平成30年3月4日(日曜日)18時30分から19時00分

岐阜県は匠の技に裏打ちされた製造業や豊かな自然を生かした農業などさまざまな産業が発展しています。しかし現在その産業を支える人材の不足が大きな課題となっています。こうした課題を解決するには、人を育て、ぎふの魅力を磨き、「清流の国ぎふ」づくりを支える「人づくり」に取り組むことが必要です。

番組では、岐阜県の未来に向けて重要な「産業や地域を支える人材の育成と確保」をテーマにお送りします。

 

 

ぎふの魅力をPRベルギーワーテルローを視察リトアニアを訪問

海外交流で伝える「清流の国ぎふ」の魅力(外部サイト)

放送日:平成29年12月24日(日曜日)18時30分から19時00分
再放送:平成30年1
月10日(水曜日)19時30分から20時00分

岐阜県ではこれまで観光誘客や農産物・県産品の輸出促進にむけて、「飛騨・美濃じまん海外戦略プロジェクト」を東南アジアやヨーロッパ、アメリカなどで展開してきました。今回は8月と11月の2回にわたり、ぎふの魅力を世界に向けてさらに発信し、世界中の人たちから「選ばれる岐阜県」を目指すため、古田知事がヨーロッパを訪れトップセールスを行いました。

番組ではそのトップセールスの様子とともに、岐阜県が海外とどのような交流を進め、どのような成果につながっているのかをお伝えします。

 

レクリエーションをリポートする様子パラリンピックへの出場を目指す選手を取材ジュニアアスリートを育成

スポーツの力を活用しよう!(外部サイト)

放送日:平成29年11月5日(日)18:30から19:00

再放送:平成29年11月15日(水)19:30から20:00

岐阜県には世界のアスリートたちが注目し利用しているトレーニング施設が整備され、未来のアスリートを育てる環境も整っています。

また、障害のあるなしや年齢に関わらずスポーツに触れ合うことができる環境の整備やスポーツを通じた県内の産業振興なども進められています。

番組では、岐阜県が進めるスポーツ振興に関わるさまざまな取組みと今後の展開について紹介します。

 

 

「清流の国ぎふ」文化の発信(外部サイト)

放送日:平成29年7月30日(日)18:30〜19:00

再放送:平成29年8月2日(水)19:30〜20:00

岐阜県内の文化・芸術の拠点では、現在どのようなことが行われているのか?また県民の皆さんにどのように利用され、どのように役立っているのか、各施設の取り組みをご紹介しながら、岐阜県の文化・芸術の今と将来をお伝えします。

地歌舞伎公演美術館「ナンヤローネ」岐阜県文化局長インタビュー

 


通常版(4分)

刀を見るリポーターとミナモ展示の様子企画展にぜひお越しください

名工兼定の刀剣が一堂に会する〜特別企画展「兼定刀都・関の名工」〜(外部サイト)

放送日:平成30年5月17日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年5月22日(火曜日)21時54分から21時58分

関市の岐阜県博物館で開催中の、兼定作の刀剣を一堂に集めた特別企画展「兼定刀都・関の名工」を紹介します。

 

森のジョブステーション所長さんへインタビューぎふの林業にご興味のある方は森のジョブステーションぎふにお気軽にお問い合わせください

木の国ぎふ山仕事の案内人〜森のジョブステーションぎふ〜(外部サイト)

放送日:平成30年5月10日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年5月15日(火曜日)21時54分から21時58分

この春、美濃市の中濃総合庁舎内に開設された「森のジョブステーションぎふ」をご紹介します。ここは林業分野で就職を目指す人や林業に携わる人のサポートや研修を行う、山仕事の案内窓口です。

 

岐阜県図書館の前特別展の紹介その1特別展の紹介その2

明治以降に活躍した郷土作家たち〜明治150年事業「飛山濃水の文学」〜(外部サイト)

放送日:平成30年5月3日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年5月8日(火曜日)21時54分から21時58分

平成30年は、明治150年の記念の年となります。

番組では、明治150年事業として県図書館が実施する、明治・大正・昭和の時代に活躍した11人の郷土作家を紹介する企画展「飛山濃水の文学」にミナモとリポーターがお邪魔します。

 

ぎふ清流里山公園の前大迫力の360度3Dシアター広い園内を散策

一日中楽しめる!ぎふ清流里山公園〜今春リニューアルオープン〜(外部サイト)

放送日:平成30年4月26日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年5月1日(火曜日)21時54分から21時58分

これから本格的なおでかけシーズンがやってきます。

番組では、ぎふの一押しスポットとしてこの春、美濃加茂市にオープンしたばかりのぎふ清流里山公園をリポートします。

 

岐阜県庁舎前岐阜県職員にインタビューその1岐阜県職員にインタビューその2

活力みなぎるふるさとづくり〜岐阜県職員になりませんか〜(外部サイト)

放送日:平成30年4月19日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年4月24日(火曜日)21時54分から21時58分

岐阜県では、教職員や警察官を含めると約2万4千人の県職員がさまざまな機関で働いています。
番組では、岐阜県庁内でいきいきと働く職員のみなさんを紹介します。

 

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の外観航空エリアに展示される飛燕実機ハンズオン・シミュレーションゾーンでの操縦体験

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館〜体感!リニューアルした空宙博(そらはく)〜(外部サイト)

放送日:平成30年4月12日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年4月17日(火曜日)21時54分から21時58分

先日リニューアルオープンした岐阜かかみがはら航空宇宙博物館「空宙博(そらはく)」を紹介します。

 

岐阜県政モニター募集イメージ若者ガヤガヤ会議にご参加いただいたみなさん

若者の声でぎふの未来をつくる!〜若者版県政モニター募集〜(外部サイト)

放送日:平成30年4月5日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年4月10日(火曜日)22時48分から22時54分

岐阜県では、次世代を担う若者たちの意見やアイデアを県政に取り入れ、岐阜県の魅力をさらに高めさまざまな課題を解決するために、若者版県政モニターを募集しています。

番組では、若者の意見を聞くために行われた「若者とのガヤガヤ会議」にミナモとリポーターがお邪魔します。

 

防災システムについてインタビュー整備した防災システムの一つ

3層一体による通信手段の確保〜岐阜県防災情報通信システムの運用開始〜(外部サイト)

放送日:平成30年3月29日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年4月3日(火曜日)21時54分から21時58分

災害発生時には、被災状況の収集や救援要請、迅速で的確な復旧支援活動を行うためには、通信手段の確保が不可欠です。

岐阜県は、そんな非常時に関係機関との確実な通信手段を確保するために、地上系・衛星系・移動系の3種類の回線によるバックアップ手段を備えた通信機器を整備しました。

番組では、その通信システムを紹介します。

 

IAMAS小林教授にインタビューIAMAS学生の作品

岐阜イノベーション工房プロジェクト〜IAMASから発信!新事業を創出する人づくり〜(外部サイト)

放送日:平成30年3月22日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年3月27日(火曜日)21時54分から21時58分

IAMASは新しいものづくりやデザイン、先進的な芸術表現などについて研究し、高度な表現者の育成を行う大学院大学です。

番組では、そんなIAMASで来年度から始まる一般社会人を対象とした新事業創出のための人づくりを支援する取り組み「岐阜イノベーション工房プロジェクト」を紹介します。

 

交番から岐阜県警の仕事をリポートするミナモら警察のやりがいをインタビュー

安心・安全な清流の国ぎふを守る〜岐阜県警察官になりませんか〜(外部サイト)

放送日:平成30年3月15日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年3月20日(火曜日)21時54分から21時58分

今年も警察官の募集が始まっています。子どものなりたい職業で毎回上位にランクイン。私たちの安心と安全な暮らしを守る「地域のヒーロー」、警察官。

番組では、警察官の日々の仕事をミナモと一緒に紹介します。

 

サラマンカホールからリポートするミナモらパイプオルガンを演奏

パイプオルガンが結んだ絆〜サラマンカ大学創立800周年記念事業〜(外部サイト)

放送日:平成30年3月8日(木曜日)18時53分から18時57分

再放送:平成30年3月13日(火曜日)21時54分から21時58分

スペインのサラマンカ市はスペイン内に現存する大学の中で最古ともいわれるサラマンカ大学があり、旧市街全体が世界文化遺産に登録されている学園都市です。

番組では、そのサラマンカ大学が今年創立800周年を迎える事を記念し、ここぎふの地からも盛り上げようと4月14日に開催される「サラマンカ大学創立800周年記念コンサート」を紹介します。

 

現代陶芸美術館からリポートするミナモら作品の見どころを話す学芸員

学芸員が見ている世界〜岐阜県現代陶芸美術館〜(外部サイト)

放送日:平成30年3月1日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年3
月6日(火曜日)21時54分から21時58分

4月8日まで現代陶芸美術館で開催する企画展「コレクション×キュレーター」では、7人の学芸員の専門性を活かしたそれぞれのコレクションの魅力を紹介しています。

番組では、この企画展を紹介します。

 

訓練する消防隊員に取材するミナモら消防隊員が春の火災の特徴や注意点を説明

大きな火災も小さな火から〜春の火災予防運動〜(外部サイト)

放送日:平成30年2月22日(木曜日)18時36分から18時40分
再放送:平成30年2
月27日(火曜日)21時54分から21時58分

まだ寒さが残る春先は、暖房器具を使用したり空気が乾燥していたりと、年間で最も火災が増える季節です。毎年3月は春の火災予防運動が展開され、県内でもさまざまな活動が行われます。

番組では、防火について紹介します。

 

高山陣屋を紹介するミナモら和の空気を楽しむミナモら

国史跡高山陣屋〜今に残る江戸時代の幕府の役所〜(wmv:171MB)

放送日:平成30年2月15日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年2
月20日(火曜日)21時54分から21時58分

高山市にある国史跡高山陣屋は、飛騨の歴史や江戸時代の生活を感じられる貴重な文化遺産として、今、さらなる注目を集めています。江戸時代に幕府の役所であった高山陣屋の建物は、明治維新以降も引き続き県の庁舎として使用され続けました。その後昭和44年に県事務所が移転したのを機に、史跡として保存するため修理・整備されました。そして現在では全国にただひとつの主要な建物が現存する徳川幕府の代官所跡としてその姿を今に残しています。

番組では、国内外から年間約30万人が訪れる飛騨の人気スポットのひとつ高山陣屋を紹介します。

 

 

清流長良川恵みの逸品を紹介するミナモら長良川システムを育む清流

清流長良川の恵みの逸品〜世界農業遺産「清流長良川の鮎」〜(WMV:171MB)

放送日:平成30年2月8日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年2
月13日(火曜日)21時54分から21時58分

清流の国ぎふを流れる長良川。その流域には約86万人もの人々がくらしていますが、清流が保たれ、鮎が育ち、地域の歴史・文化・経済と深くつながっています。こうした人の生活、水環境、農林水産業の資源が密接に関わりつくりだされる里川全体の仕組み「長良川システム」。このシステムは世界に認められ、2015年には「清流長良川の鮎」が「世界農業遺産」に認定されました。そして「長良川システム」の保全や継承につながる商品を「清流長良川の恵みの逸品」として認定しています。

番組では、その清流長良川の恵みの逸品たちをミナモと一緒に紹介します。

 

 

アクア・トトぎふの企画展を紹介するミナモらカメの名前がパンケーキ!?

そのなまえヘンテコリン〜アクア・トトぎふのへんな企画展〜(外部サイト)

放送日:平成30年2月1日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年2
月6日(火曜日)21時54分から21時58分

今回はアクア・トトぎふで開催中の企画展を紹介。ちょっぴり「へんな」この企画展では、変わった名前の生き物ばかりを集めています。その名も「そのなまえヘンテコリン〜へんな名前の生き物たち〜」。

番組では、一見して納得してしまう名前もあれば、どうしてそんな名前がついちゃったの!?というような生き物までその由来とともに紹介します。

 

飛騨高山きのこの里をリポートするミナモら菌床椎茸の栽培の様子

障がい者が活躍する農業〜障がい者の農業での雇用をサポート〜(外部サイト)

放送日:平成30年1月25日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年1
月30日(火曜日)21時54分から21時58分

農業において高齢化などによる担い手不足が懸念される中、農業にチャレンジしようとする意欲的な若者も増えてきています。そんな中、ぎふの農業を支える人たちの中に障がい者の皆さんの活躍があります。

番組では、「農福連携」をキーワードに県が取り組む障がい者を雇用する農業者を支援する取り組みを紹介します。

 

授業の様子熱弁するベテラン教師

豊富な経験を次世代へ伝授する〜清流の国ぎふ教師養成塾〜(外部サイト)

放送日:平成30年1月18日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年1
月23日(火曜日)21時54分から21時58分

小中学校で校長を経験してきた教員OBが、教師を目指す大学生や学校で臨時的に働いている講師の皆さんに、実践的な指導法を教える「清流の国ぎふ教師育成塾」。

番組では、教育の現場で即戦力となる人材の確保を目的としたこの講義を紹介します。

 

ハイパーハイスクールパフォーマンスに出場する学校の練習を取材ハイパーハイスクールパフォーマンスに出場する学校の校章

高校生によるハイレベルなステージ〜ハイパーハイスクールパフォーマンス2018〜(外部サイト)

放送日:平成30年1月11日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年1
月16日(火曜日)21時54分から21時58分

 

2月10日に音楽・放送などさまざまな分野で活躍する県内の高校生が一堂に会する「ハイパーハイスクールパフォーマンス2018」がぎふ清流文化プラザで開催されます。

番組では、出演する「岐阜総合学園高等学校太鼓部」を紹介します。

 

県博物館の企画展を紹介するミナモら長良川流域の植物の豊富さに感動するミナモとリポーター

企画展「命輝く清流長良川」〜清流とともに移りゆく植物〜(外部サイト)

放送日:平成30年1月4日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成30年1
月9日(火曜日)21時54分から21時58分

 

番組では、岐阜県博物館で開催中の企画展「命輝く清流長良川〜清流とともに移りゆく植物〜」をご紹介します。この企画展では長良川流域の移り変わる自然や環境を流域に生きる植物を通じて感じることができます。

 

県民生活相談センターを紹介するミナモら悩み事を相談するミナモ日常生活の悩みごとへの対応などのチラシ、パンフレット

あやしい売り手にご用心〜県民生活相談センター〜(外部サイト)

放送日:平成29年12月28日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年1
月2日(火曜日)22時15分から22時19分

 

事業者対消費者間でのトラブルや、カードローンや借金の支払いに関する相談、交通事故などによる揉め事、さらに日常生活の悩み事や困り事や県の行政に関する相談などあらゆる県民生活の相談を受け付け、関係機関と連携して問題の解決に努める岐阜県県民生活相談センター。

番組では、岐阜県県民生活相談センターの取組みを紹介します。

 

ぎふアグリチャレンジ支援センターのスタッフ相談員へのインタビュー相談風景

農業を始めたい人の強い味方!〜ぎふアグリチャレンジ支援センター〜(外部サイト)

放送日:平成29年12月21日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年12
月26日(火曜日)21時54分から21時58分

今、岐阜県で就農する人が増え盛り上がりを見せる「ぎふの農業」。そんなぎふで農業を始めたい方にご紹介したいのが、今年4月に開設された「ぎふアグリチャレンジ支援センター」です。ぎふアグリチャレンジ支援センターは農業関係団体や金融機関などの協力のもと、農業にチャレンジする人へのワンストップ支援窓口として今年4月にオープンしました。

番組では、ぎふアグリチャレンジ支援センターを紹介します。

 

ぎふ清流文化プラザからスタート真桑文楽の一幕中学生による真桑文楽の一幕

第3回岐阜県伝統民俗芸能大会〜真桑文楽・真桑人形浄瑠璃〜(外部サイト)

放送日:平成29年12月14日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年12
月19日(火曜日)21時54分から21時58分

ぎふ清流文化プラザは、県民参加による文化芸術の担い手育成や新たな文化の創造、障がい者の文化芸術活動の拠点としてさまざまな文化振興事業を展開しています。また、地歌舞伎をはじめとしたぎふの伝統芸能の公演も行われています。
番組では、11月23日に行われた第3回岐阜県伝統民俗芸能大会真桑文楽「真桑人形浄瑠璃」をご紹介します。

 

ぎふマリッジサポートセンターからスタート相談風景のイメージ親向けの冊子

ぎふで結ぶあかい糸〜ぎふマリッジサポートセンター〜(外部サイト)

放送日:平成29年12月7日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年12
月12日(火曜日)21時54分から21時58分

生涯のうち一度も結婚しない人の割合は今や男性で20%を超えており、この未婚化は少子高齢化問題の一因ともなっています。その一方で出会いを求める人や結婚を望む独身者は少なくないようです。そんな人達が結婚や出会いに関する相談を安心して行うことができる総合相談窓口「ぎふマリッジサポートセンター」をご存知ですか?

番組では、ぎふマリッジサポートセンターで一体どんなサポートが受けられるのか紹介します。

 

講義を受けるリポーターとミナモ訓練の様子(言葉を伝える)訓練の様子(コミュニケーション)

もしものときのコミュニケーター〜災害時外国人支援ボランティア研修〜(外部サイト)

放送日:平成29年11月30日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年12
月5日(火曜日)21時54分から21時58分

岐阜県には約4万8千人の外国人の方が暮らしていますが、災害時には日本語に不慣れなことから避難所などで外国人に必要な情報が伝わらなかったり、逆に外国人が自分の困っていることを伝えられなかったりと色々な課題があるようです。
番組では、関市で行われた災害時外国人支援ボランティアの研修を中心に、こられの課題に取り組む様子を紹介します。

 

岐阜メモリアルセンターでスタートアジアジュニア陸上競技会のポスターを手にするミナモ陸上の練習をするミナモ

第18回アジアジュニア陸上競技選手権大会〜みんなで大会を盛り上げよう〜(外部サイト)

放送日:平成29年11月23日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年11月28
日(火曜日)21時54分から21時58分

2018年6月7日から10日まで岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催されるアジアジュニア陸上選手権大会。この大会は、2年に1回アジア陸上競技連盟が開催する大会で、日本で初めてここ岐阜県で開催されます。最大45か国のアジアの国々から16歳から19歳までの若きトップアスリートたちが集まり熱戦を繰り広げます。

 

番組では、この大会の魅力を紹介し、運営・通訳ボランティアを募集します。

けやき贈呈式の会場贈呈式の様子(岐阜県知事と鹿児島県知事)贈呈したけやき

ぎふのケヤキを鹿児島県へ贈る〜鹿児島県との友好の証プロジェクト〜(外部サイト)

放送日:平成29年11月16日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年11月21
日(火曜日)21時54分から21時58分

10月14日に関ケ原町で行われた、岐阜県から鹿児島県へのケヤキの贈呈式の模様を紹介します。宝暦治水を縁に結ばれた岐阜県と鹿児島県の姉妹盟約。岐阜県は、鹿児島県の鶴丸城御楼門の再建の為に、岐阜県のケヤキの大木を送りました。

番組では、そのケヤキの贈呈式の様子と両県の関わりについて紹介します。

中央家畜保健衛生所からのリポート検査や調査をする様子中央家畜保健衛生所を紹介する職員

中央家畜保健衛生所〜安全・安心を届ける〜(外部サイト)

放送日:平成29年11月9日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年11月14
日(火曜日)21時54分から21時58分

2017年6月に岐阜大学敷地内に移転開所した、中央家畜保健衛生所。この施設は、農場などで飼育されている動物に、家畜の伝染病が発生、まん延しないように、検査や指導をする施設。

番組では、この中央家畜保健衛生所を紹介します。

苗木城跡からのリポート苗木史料館の展示物を確認するリポーターとミナモ苗木城の上空から撮影

新・岐阜の宝もの〜自然・歴史・人・地域の自慢を発信〜(外部サイト)

放送日:平成29年11月2日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年11月7
日(火曜日)21時54分から21時58分

2017年9月に「岩村城跡と城下町」「苗木城跡」「美濃金山城跡」の3史跡“ひがしみのの山城”として「岐阜の宝もの」に認定されました。

番組では、リポーターとミナモが「苗木城跡」を訪れます。

モノづくり教育プラザからリポート熟練の技の指導を受ける様子ミナモとリポーターも生徒を応援

目指すは宇宙!〜モノづくり教育プラザ〜(外部サイト)

放送日:平成29年10月26日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年10月31
日(火曜日)21時54分から21時58分

県では航空宇宙産業分野を成長産業と位置付け、企業の競争力を強化する取り組みや担い手の育成などの支援を行っています。

今年、新たな航空宇宙産業教育の場として、主に岐阜県内の工業高校生を対象にオープンしたのが「モノづくり教育プラザ」です。

番組では、その「モノづくり教育プラザ」を紹介します。

開通した清流デッキデッキでのリポートの様子デッキの設備の一部(エレベーター)

福祉・文化とスポーツのかけ橋〜清流デッキ開通〜(外部サイト)

放送日:平成29年10月19日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年10月24
日(火曜日)21時54分から21時58分

ぎふ清流文化プラザの西側、たくさんの福祉施設が整備されている「ぎふ清流福祉エリア」とスポーツの拠点「岐阜メモリアルセンター」を繋ぐ、清流デッキが開通。

番組では、9月30日に開通した清流デッキを紹介します。

壬申の乱特別展の入口に立つミナモとリポーター展示品の一つ解説する学芸員

美濃国・飛騨国の誕生に迫る〜岐阜県博物館特別展「壬申の乱の時代」〜(外部サイト)

放送日:平成29年10月12日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年10月17
日(火曜日)21時54分から21時58分

天下分け目の関ヶ原合戦よりもはるか昔、この地域が美濃国・飛騨国と呼ばれ始めるようになった頃、同じく岐阜県関ケ原町を舞台に「元祖天下分け目の合戦」とも言われる歴史上とても重要な戦いが繰り広げられました。それが西暦672年に起こった「壬申の乱」。

番組では、岐阜県博物館で行われている、貴重な資料をもとに壬申の乱の時代を探る特別展「壬申の乱の時代美濃国・飛騨国の誕生に迫る」を紹介します。

 

「ともみさと」を世話する林さんと栗谷さん授業を受ける飛騨高山高校の生徒ら飛騨高山高校で畜産を生徒らとのスタート

輝く!明日の飛騨牛全国和牛能力共進会〜新たな担い手の育成を目指して〜(外部サイト)

放送日:平成29年10月5日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年10月10
日(火曜日)21時54分から21時58分

県内では4校の農業高校で約480人の高校生が畜産について学んでいます。飛騨高山高校では約120人の生徒が「飛騨牛」などの牛について専門的な学習に取り組んでいます。飛騨高山高校の林実佐子さんと栗谷朱里さんの2人が世話をしてきた牛「ともみさと」が、5年に一度開催される「全国和牛能力共進会」の高校生の部に岐阜県代表として出品され、最優秀賞に輝きました。

番組では、飛騨高山高校での牛の世話の様子やインタビューをお送りします。

 

国際陶磁器展美濃の展示物を見るミナモと解説するリポーター国際陶磁器展美濃の入口でスタート展示会場の様子

世界最大級の陶磁器の祭典〜国際陶磁器フェスティバル美濃’17〜(外部サイト)

放送日:平成29年9月28日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年10月3
日(火曜日)22時48分から22時52分

※再放送の時間が通常(21時54分から21時58分)と変わっています。

3年に1度のトリエンナーレ形式にて行われている世界最大級の陶磁器の祭典「国際陶磁器フェスティバル美濃’17(にせんじゅうなな)」が10月22日まで多治見市のセラミックパークMINOをメーン会場として開催されます。

番組では、「第11回国際陶磁器展美濃」の受賞作品を紹介します。他にも、東濃地域や陶磁器文化に密着したさまざまな展示や体験イベント、さらにセラミックパークMINOでいただける、おいしい料理も紹介します。

 

美術館の庭園も活用したアートアートまるケットオープニングのテープカット美術館内の展示品

岐阜県美術館アートまるケット〜ツナがりツナがるツナがれば〜(外部サイト)

放送日:平成29年9月21日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年9月26
日(火曜日)21時54分から21時58分

岐阜県美術館恒例のアートイベント、館長の日比野克彦氏による「アートまるケット」が8月25日から始まり、話題を集めています。3回目となる今回のテーマは「ツナがり」。

番組では、「アートまるケット」をミナモと一緒にリポートします。

 

未来のアスリート1未来のアスリート2練習風景

見つけて育てる!〜ぎふの未来のアスリートたち〜(外部サイト)

放送日:平成29年9月14日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年9月19
日(火曜日)21時54分から21時58分

運動能力が高く優れた素質を持つ岐阜県内の小中学生を発掘し、中学校や高校へ進学する前に、さまざまな競技種目を体験してもらい、適正のある競技種目を見つけて、伸ばすためのトップアスリート育成プロジェクト。

番組では、岐阜県が取り組む「清流の国ジュニアアスリート育成プロジェクト」を紹介します。

 

 

 

未来をひらく岐阜県と鹿児島県の絆〜第46回姉妹県青少年ふれあい事業〜(外部サイト)

放送日:平成29年9月7日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年9月12
日(火曜日)21時54分から21時58分

岐阜県と鹿児島県の青年が交流する様子(お寺)鹿児島県と岐阜県の青年が交流する様子(島津義弘公陣跡)鹿児島県と岐阜県の青年が交流する様子(鹿児島県の代表者発表)

江戸時代、木曽・長良・揖斐の三大河川が合流する岐阜県南部は、水害に悩まされ続けていました。そのため幕府は薩摩藩に堤防を作る工事を命じました。そして、この非常に困難な工事を薩摩藩は完成させ、この流域を水害から救いました。そのことから、岐阜県と鹿児島県では昭和46年に姉妹県盟約を結び、さまざまな分野で交流を行っています。

番組では、その中のひとつ「姉妹県青少年ふれあい事業」を紹介します。

 

 

 

 

飛騨はおいしさの宝庫!〜飛騨の農産物〜(外部サイト)

放送日:平成29年8月31日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年9月5
日(火曜日)21時54分から21時58分

豊富な飛騨の農産物おいしいトマトを試食するリポーター最新鋭の飛騨のトマト選果場

 

飛騨地方は「飛騨トマト」や「飛騨ほうれんそう」に代表されるように、数多くの農産物を生産しています。

番組では、リポーターとミナモが生産現場や乗鞍ファーマーズマーケットを訪れ、飛騨の新鮮な農産物を紹介します。

 

 

 

ひろがる!ぎふ木育!〜岐阜は木の国、山の国〜(外部サイト)

放送日:平成29年8月24日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年8月29
日(火曜日)21時54分から21時58分

木育キャラバン会場に集まった子どもたちとミナモら木育キャラバン会場の風景(全体)ぎふ木育キャラバン会場の一部の風景

 

岐阜県では8月を「ぎふの山に親しむ月間」と定め、ぎふの山や自然の魅力に触れ、森林を守り育てていくことの大切さを考える機会として、毎年「山の日フェスタ」や「ぎふ木育キャラバン」を開催しています。今年は8月6日から11日の山の日までを「ぎふ木育WEEK」と題し、まちなかにいながら「山」を体感し、山を「楽しみ」「親しみ」「感じ」「味わう」さまざまな体験企画や展示などが行われました。

番組では、8月11日に開催された「ぎふ木育キャラバン」にリポーターとミナモが訪れ、その様子を中心に紹介します。

 

 

東西激突!The関ケ原〜岐阜県博物館・岐阜県図書館連携企画〜(外部サイト)

放送日:平成29年8月17日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年8月22
日(火曜日)21時54分から21時58分

展示されている合戦図担当者へのインタビューThe関ケ原連携企画展を取材するリポーターとミナモ

 

今に語り継がれる「関ヶ原の合戦」を各地に伝わる貴重な資料により紹介し考察するイベントが博物館と図書館の連携企画として現在、岐阜県図書館で開催されています。「東西激突!The関ヶ原「関ヶ原合戦と岐阜城合戦」」と題したこの企画展では県内外に伝わるおよそ20点の展示資料によって当時の様子や、美濃の地が果たした役割を知ることができます。

番組では、この企画展を紹介します。

 

 

岐阜県図書館で課題解決〜情報共有・発信型図書館として〜(外部サイト)

放送日:平成29年8月10日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年8月15
日(火曜日)21時54分から21時58分

図書館プログラムに出席した皆さんとリポーター図書館で働く皆さんを紹介プログラム「パパと過ごす図書館」の様子

 

岐阜県図書館では、情報共有・発信型図書館として、子育て支援、障がい福祉、健康・医療、郷土教育やグローバル対応など社会が抱えるさまざまな課題の解決に積極的に関わり支援を行うプログラムを展開している。

番組では子育て世代応援プログラム「パパと過ごす図書館」と題した親子で参加し楽しむことののできるレクリエーションプログラムを中心に岐阜県図書館の取り組みを紹介します。

 

 

世界のナマズに会いに行こう〜アクア・トトぎふ〜(外部サイト)

放送日:平成29年8月3日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年8月8
日(火曜日)21時54分から21時58分

アクア・トトぎふにやってきたリポーターとミナモ水槽を見るリポーターとミナモ展示水槽の様子

 

各務原市川島の世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふは、12月10まで全館ナマズ一色。

番組では、アクア・トトぎふをミナモと一緒にめぐり、世界中からナマズだけを集めた企画展「世界のナマズ大紀行」を紹介します。

 

 

 

南飛騨の森で健康になろう〜南飛騨健康増進センター〜(外部サイト)

放送日:平成29年7月27日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年8月1
日(火曜日)21時54分から21時58分

創作体験に参加したレポーターとミナモそばうち体験をするリポーター森林浴をする体験者

 

「いざ、癒しの里へ」をキャッチコピーに、大自然の中で自然をいかした健康づくりを体験できる、南飛騨健康増進センター。南飛騨健康増進センターでは、「食の工房」で地元の食材を使った食体験や「香りの館」での創作体験など、健康づくりに関するさまざまな講座やプログラムを実施しています。

番組では、リポーターとミナモが「食の体験」として人気のそば打ち体験に参加します。

 

 

 

助け合いのしるしヘルプマーク〜皆が安心して暮らせる清流の国づくり〜(外部サイト)

放送日:平成29年7月20日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年7月25
日(火曜日)21時54分から21時58分

ヘルプマークを手にするミナモ岐阜県難病団体連絡協議会の日比野さんにインタビューする様子リュックにつけたヘルプマーク

 

岐阜県で8月から配布が始まる「ヘルプマーク」。障がいのある方や難病の方などの援助や配慮を必要としている方がバッグなどに着けて、周囲に手助けを必要としていることを知らせるための「ヘルプマーク」を紹介。マークの赤色は「ヘルプ」を、ハートのデザインは相手に「ヘルプする気持ちをもっていただく」という意味を含んでいます。裏面には必要とする支援などを書き込んだシールを貼ることができます。

番組では、「ヘルプマーク」についてご紹介します。

 

 

 

世界のトップアスリートを支える〜飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア〜(外部サイト)

放送日:平成29年7月12日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年7月18
日(火曜日)21時54分から21時58分

日和田のトレーニング場についた飛騨御嶽高原高地トレーニングセンター職員やミナモら御嶽山のふもとでトレーニング

 

飛騨御嶽高原高地トレーニングエリアの高地トレーニング施設は、文部科学省が指定するナショナルトレーニングセンターで高地トレーニング強化拠点施設となっており、世界中のトップアスリートからも注目されています。

番組では、世界のトップアスリートを支える「飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア」を紹介します。

 

 

アートと食で感じる富山県の魅力〜富山・岐阜交流の日〜(外部サイト)

放送日:平成29年7月6日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年7月11
日(火曜日)21時54分から21時58分

富山駅前でスタート富山県美術館で楽しむレポーターとミナモ富山県の新鮮な魚

 

岐阜県と富山県は7月5日を「富山・岐阜交流の日」として、それぞれの県の魅力をお互いに発信し合ったり、さまざまな分野で交流・連携を行っています。

番組では富山県のおすすめスポットを紹介。8月26日の全面オープンを前に現在一部開館中の富山県美術館と、富山駅前にある富山の海の幸を新鮮なままに味わうことができる「さかな屋撰鮮(せんせん)」をリポーターとミナモが訪れます。

 

 

県道を船で渡る!?〜清流長良川小紅(おべに)の渡し〜(外部サイト)

放送日:平成29年6月29日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年7月4
日(火曜日)21時54分から21時58分

レポーター、ミナモと船頭さん川を渡る様子船頭さんへのインタビュー

 

「歩いて渡ることのできない道」、岐阜市の一日市場と鏡島間を結ぶ渡し船「小紅の渡し」。川を横切るこのルートは「岐阜県道173号線文殊茶屋新田線」という、れっきとした「道」なのです。県内に残る唯一の渡し船として、運行しています。

番組では、その「小紅の渡し」をご紹介します。

 

 

ぎふに移住しぎふを盛り上げる〜地域おこし協力隊〜(外部サイト)

放送日:平成29年6月22日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年6月27
日(火曜日)21時54分から21時58分

馬瀬川でのレポーターとミナモ地域おこし協力隊の方へのインタビュー地域おこし協力隊など馬瀬地域のみなさん

 

自治体からの委嘱により、過疎地域に移住し最長3年間を任期として地域を元気にする活動を行っている「地域おこし協力隊員」。

番組では、下呂市馬瀬地域で活動する3名を中心に「地域おこし協力隊員」を紹介します。

 

 

ぎふの山に親しもう〜白山開山1300年記念「山の日」シンポジウムin郡上〜(外部サイト)

放送日:平成29年6月15日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年6月20
日(火曜日)21時54分から21時58分

阿弥陀ヶ滝でのレポーターとミナモ白山文化博物館を観覧するレポーターとミナモ石徹白の大杉

 

今年は白山開山から1300年の記念の年ということで、ミナモと一緒に白山博物館、阿弥陀ヶ滝、いとしろの大杉など、白山周辺のスポットをめぐります。

番組では、白山の魅力を紹介するほか、7月7日に郡上市総合文化センターで開催される、白山の自然と文化、人々の暮らしを次世代へどのように継承するかを考える「山の日」シンポジウムについて紹介します。

 

 

地域や社会に貢献できる人材を目指す〜岐阜清流高等特別支援学校〜(外部サイト)

放送日:平成29年6月8日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年6月13
日(火曜日)21時54分から21時58分

カフェにおけるミナモとレポーターと生徒たちの集合写真教室での授業風景カフェの実習風景

 

岐阜清流高等特別支援学校は、知的障がいの程度が軽度な生徒の社会的な自立や就労を目指す、高等部単独の特別支援学校です。国語や数学といった普通教科の他に、就労に必要な専門的な知識や、高度な技能の習得を目指す専門教科に力を入れています。また地域企業との連携による実習を行い、実際の職場で働くために必要な力をつけていきます。

番組では、岐阜清流高等特別支援学校の取組みを紹介します。

 

 

 

世界最大級のバラ園を堪能〜花フェスタ記念公園春のバラまつり〜(外部サイト)

放送日:平成29年6月1日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年6月6
日(火曜日)21時54分から21時58分

花フェスタ記念公園でバラ園を紹介するミナモとレポーター鮮やかに咲き誇るバラトヨタウィングレットに試乗するレポーター

 

およそ7千品種3万株のバラが咲き誇る、花フェスタ記念公園。毎年、春バラの時期に開催する「花フェスタ記念公園春のバラまつり」。今年は5月13から6月18日まで開催しています。植物やバラを存分に堪能できるだけではなく、期間中は園内各所で様々な催しを開催し、美味しいグルメも楽しめます。

番組では、世界最大級の美しいバラ園に、楽しいイベント、美味しいグルメなど、五感を刺激する魅力でいっぱいの「花フェスタ記念公園春のバラまつり」をご紹介します。

 

 

 

ぎふの清流を守る〜フィッシュウェイ・サポーター〜(外部サイト)

放送日:平成29年5月25日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年5月31
日(火曜日)21時54分から21時58分
 

河川に設置されているダムや堰提は、災害の防止や発電など私たちの暮らしになくてはならないものです。しし、川に段差ができることで川の生き物たちの自由な移動を妨げてしまうことがあります。そのため河川を横断するようなダムや堰提には魚道と呼ばれる魚の通る道をもうけて川のつながりを確保し、生き物たちが住みやすい環境となるよう配慮がなされています。

番組では、その魚道を守る「フィッシュウェイ・サポーター」を紹介します。

 

 

陶磁器の未来に向かって〜国際陶磁器フェスティバル美濃の歩み展〜(外部サイト)

放送日:平成29年5月18日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年5月23
日(火曜日)21時54分から21時58分
 

岐阜県東濃地方は、世界でも有数の陶磁器の産地として知られており、この地域では1986年から3年に一度の催しとして「国際陶磁器フェスティバル美濃・国際陶磁器展美濃」を開催し、やきものの伝統や文化の発信を行っています。今年は、多治見市にあるセラミックパークMINOを会場に「国際陶磁器フェスティバル美濃2017」が開催されます。今回で11回目を数える国際陶磁器フェスティバル美濃。中でも、現代の革新的で優れた陶磁器作品が集まる世界トップクラスのコンペディションである「国際陶磁器美濃」は、国内外で高い評価を得ています。

番組では、秋に開催される国際陶磁器展美濃のプレ企画として、岐阜県現代陶芸美術館で開催中の「国際陶磁器フェスティバル美濃の歩み展」をご紹介します。

 

県営各務原公園〜楽しく学び思いっきり遊ぼう〜(外部サイト)

放送日:平成29年5月11日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年5月16
日(火曜日)21時54分から21時58分

「県営各務原公園」は、子どもたちが自由に遊びながら、交通ルールを学ぶことができる「交通教室」や「交通広場」といった施設がある公園です。交通広場では足こぎ式カートや自転車を貸し出していて、楽しみながら交通ルールを身につけることができます。他にも芝生広場や、冒険広場、ログハウスの休憩所、室内で楽しめる卓球も大人気です。

番組では、豊かな自然環境の中で楽しく交通ルールを学んだり、思いきり体を動かして遊べる各務原公園を紹介します。

 

 

清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE2017〜県美術館で現代アートを楽しもう〜(外部サイト)

放送日:平成29年5月4日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年5月9
日(火曜日)21時54分から21時58分

 

今回初めての開催となる清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2017。岐阜県美術館に、応募総数790点から選ばれた15作品が6/11まで展示されています。作品は、「身体(しんたい)のゆくえ」というテーマで募集され、決められたサイズの「キューブ」の中で15人の作家それぞれが自由な作品表現を行っています。

番組では、清流の国ぎふ芸術祭ArtAwardINTHECUBE2017を紹介します。

 

 

清流の国ぎふ春の地歌舞伎公演〜岐阜が誇る地歌舞伎の魅力〜(外部サイト)

放送日:平成29年4月27日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年5月2
日(火曜日)21時54分から21時58分

 

2020年の東京五輪開催時には世界中から多くの人が日本に訪れます。ここ岐阜県にも食や旅の魅力などたくさんのおもてなしプランがありますが、その中でも今「岐阜の地歌舞伎」に注目が集まっています。地歌舞伎とは地元の素人役者によって演じられる地域に根付いた歌舞伎の事で、岐阜県には地歌舞伎の保存団体が全国最多といわれる29団体あり、その文化が各地で大切に受け継がれています。

番組では、そんな岐阜の地歌舞伎の魅力をご紹介します。

 

 

コミュニティづくりの強い味方〜岐阜県コミュニティ診断士〜(外部サイト)

放送日:平成29年4月20日(木曜日)18時53分から18時57分
再放送:平成29年4月25
日(火曜日)21時54分から21時58分


人口減少、少子高齢化、防災、防犯、男女共同参画に多文化共生、地域を取り巻く課題は多種多様です。また近年では住民同士のつながりも弱く地域コミュニティの衰退が危ぶまれています。このまま地域コミュニティの衰退が進むと一体どうなってしまうのか。安心して暮らせる住みよい町づくりには何が必要なのか。

番組では、そんな地域コミュニティの課題を地域とともに解決する「岐阜県コミュニティ診断士」を紹介します。

 

 

養老改元1300年祭スタート〜まつりに沸く養老公園へ行こう〜(外部サイト)

放送日:平成29年4月13日(木曜)18時53分から18時57分
再放送:平成29年4月18
日(火曜)21時54分から21時58分

 

 今年2017年は養老改元から1300年という記念の年。これを契機に養老町全体が今「養老改元1300年祭」に沸いています。

 番組では、養老町の魅力を紹介します。他にも、養老鉄道が「養老改元1300年祭」の期間中に特別運行している記念列車も紹介します

 

 

ぎふの食と農の魅力発信—6次産業化商品—(外部サイト)

放送日:平成29年4月6日(木曜)18時53分から18時57分
再放送:平成29年4月11
日(火曜)21時54分から21時58分


 岐阜県では、農業生産者が農産物の加工や販売にも関わり経営を多角化する「6次産業化」を進めています。

 番組では、イチゴを使って6次産業化商品の製造販売に取り組む奥田農園さんを訪ねます。また、岐阜の6次産業化商品を多く取り扱う名古屋市栄オアシス21の「ジ・フーズ」も紹介。6次産業化商品を通じた岐阜県の食と農業の情報発信を紹介します。

 

 

製造業で活躍するリーダー—モノづくり女子塾—(外部サイト)

放送日:平成29年3月30日(木曜)18時53分から18時57分
再放送:平成29年4月2
日(日曜)20時56分から21時00分


 製造業を中心とした「モノづくり立県」を目標に掲げる岐阜県。中でも、国際たくみアカデミーでは、製造業の未来を担う人材を育成しており、女性が参加しやすいような女性限定の研修「モノづくり女子塾」も実施しています。

 番組では、リポーターが「モノづくり女子塾」の研修に参加し、生産性の向上を目的とした仕事の効率化や品質の重要性、組織力を強化する方策を、グループワークを通じて学ぶ模様や、「モノづくり立県」を掲げる岐阜県の取り組みなどを紹介します。

 

 

いま建設業がカッコイイ!—建設業で活躍する女性「ぎふけんせつ小町」—(外部サイト)

放送日:平成29年3月23日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年3月26
日(日曜)20時56分〜21時00分


 岐阜県では、建設業界で活躍する女性のことを「ぎふけんせつ小町」と呼び、女性の働きやすい環境づくりを推進しています。

 番組では、リポーターとミナモが、県立岐南工業高校で建設について学ぶ生徒たちを取材しました。岐阜県の女性技術者や技能者の、さらなる活躍を目指す取り組みを紹介します。

 

 

花で彩る「清流の国ぎふ」づくり—「ローダンセマム」の新品種育成—(外部サイト)

放送日:平成29年3月16日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年3月19
日(日曜)20時56分〜21時00分


 岐阜県が育成に成功した新品種の花、冬に白やピンクの可愛い花を咲かせるローダンセマムの「クレールピーチ」と「クレールローゼ」。品種化されるまで、岐阜県農業技術センターにて3年をかけて開発されました。

 番組では、リポーターとミナモが農業技術センターを取材。花の育成過程について話を聞いたり、花の寄せ植え体験を行ったりと、岐阜県オリジナル品種の花について紹介します。

 

 

めざせ!全国制覇!!—科学の甲子園「全国大会」—(外部サイト)

放送日:平成29年3月9日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年3月12
日(日曜)20時56分〜21時00分

 全国から科学好きの高校生が集い、科学の知識やその活用能力をチームで競い合う「科学の甲子園」。この大会に県代表として、岐阜県立岐阜高校(岐阜市)が出場します。

 番組では、リポーターとミナモが全国大会へ向けて準備をする岐阜高校を取材しました。活動風景や先生・生徒のインタビューなどを踏まえて、「科学の甲子園」への意気込みをお伝えします。

 

 

統計で知るふるさと自慢—データ活用講座—(外部サイト)

放送日:平成29年3月2日(木曜)18時36分〜18時40分
再放送:平成29年3月5
日(日曜)20時56分〜21時00分

 
岐阜県や自分たちが住む地域のさまざまな統計データを理解することで、ふるさとの特徴や自慢などを知ることができます。

 県が実施する、学校現場への出前授業「データ活用講座」では、統計データを利用してふるさとの特徴を学んだり、統計のおもしろさ・便利さ・魅力などを知ることができます。

 今回は、リポーターとミナモが参加した、関市立南ヶ丘小学校で行われた特別授業「データ活用講座」の模様を紹介します。

 

 

 

世界に羽ばたく県産品—岐阜ブランドの向上—(外部サイト)

放送日:平成29年2月23日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年2月26
日(日曜)20時56分〜21時00分

 岐阜県が誇る県産品は今、国内のみならず海外へも展開されています。

 先月、フランス・パリで開催された世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」では、岐阜県が初めてブースを構え、県内企業10社の商品が展示されました。

 番組では、リポーターとミナモが、県産品が数多く並ぶ「THEGIFTSSHOP」(ザ・ギフツ・ショップ)と、1950年創業の「枡」のメーカーである大橋量器を取材しました。海外でも高い評価を受ける岐阜県が誇る匠の技術や、そこから生まれる岐阜ブランドの商品について紹介します。

 

豊かな森林清らかな川—清流の国ぎふ森林・環境税—(外部サイト)

放送日:平成29年2月16日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年2月19
日(日曜)20時56分〜21時00分

 森林率全国第2位を誇る岐阜県。この豊かな森林とそこから生まれる清流を守るため、県では、さまざまな取組みを行っています。

 その一環として、子どもたちが木の使い方や使われ方について学ぶ「木育教室」が行われています。また、岐阜県では、里山づくりなどに活用する「清流の国ぎふ森林・環境税」を徴収しています。

 番組では、リポーターとミナモが木育教室を取材し、森林環境に詳しい教授のインタビューを踏まえて、岐阜県が取り組む森林環境について紹介します。

 

森のごちそう・ジビエ!—ジビエ料理に舌鼓—(外部サイト)

放送日:平成29年2月9日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年2月12日(日曜)20時56
分〜21時00分

 狩猟によって得られる食材で、古来から日本でも食されてきたのがジビエ料理です。

 今も豊かな自然を誇る岐阜県。その自然が育んだイノシシやシカもまた岐阜県が誇る大切な食資源です。

 番組では、リポーターとミナモが岐阜県内でジビエ料理を扱うお店を取材し、ジビエ食材と調理法を通して、ジビエについてご紹介します。

 

 

魅力満載の図書館へ行こう!—岐阜県図書館—(外部サイト)

放送日:平成29年2月2日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年2月5日(日曜)20時56
分〜21時00分

 全国有数の年間来館者・貸し出し数を誇り、蔵書数は約100万冊を超える「岐阜県図書館」では、図書館探検ツアーを開催しています。このツアーでは、普段入ることができない閉架書庫や、購入する本を選ぶ選書室などを見ることができます。

 番組では、ミナモとリポーターが図書館探検ツアーに参加。司書さんに案内してもらい、図書館の裏側やその他さまざまなイベントなどを紹介します。

 

モノづくりはヒトづくり—岐阜県成長産業人材育成センター—(外部サイト)

放送日:平成29年1月26(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年1月29日(日曜)20時56
分〜21時00分

 昨年11月1日に開所した「岐阜県成長産業人材育成センター」では、航空宇宙・医療福祉機器などの成長分野を中心に、技術者育成のための研修や専門知識を学ぶセミナーを開催しています。

 番組では、リポーターとミナモが講座に参加。講師や受講生へのインタビューを踏まえて、「岐阜県成長産業人材育成センター」の取り組みを紹介します。

 

 

 

若者よ投票へ行こう!—岐阜県知事選挙投票日間近—(外部サイト)

放送日:平成29年1月19(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年1月22日(日曜)20時56
分〜21時00分

 昨年7月の参議院議員通常選挙から、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上へと引き下げられました。今月29日には岐阜県知事選挙が行われます。しかし、現在、若者の投票率低下が問題視されています。

 番組では、リポーターとミナモが、選挙啓発を行う学生や若者の選挙への意識について詳しい岐阜大学の准教授を取材し、選挙啓発に関する取り組みを紹介していきます。

 

 

 

岐阜県女性の活躍支援センター—ふれあい福寿会館内にオープン—(外部サイト)

放送日:平成29年1月12日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年1月15日(日曜)20時56
分〜21時00分

 もっと社会の中で活躍したい、仕事と子育てを両立させたい、そんな女性を応援し寄り添ってサポートする岐阜県女性の活躍支援センターが昨年11月にオープンしました。

 センター内にはサロンスペースがあり、女性と仕事・家庭に関する本や資料などがたくさんあります。ほかにも、カウンセリングブースや、毎週水曜日は女性のライフステージやキャリアアップに関するプチ講座や交流会などを開催しています。

 番組では、リポーターとミナモがセンターを取材し、施設内やセミナーを見学。岐阜県の女性が活躍するための取り組みについて紹介します。

 

 

 

準備は万全に!火山への登山—「清流の国ぎふ」の火山防災対策—(外部サイト)

放送日:平成29年1月5日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成29年1月8日(日曜)21時14
分〜21時18分
 岐阜県では現在、火山防災対策の充実・強化に取り組んでいます。そして、この取り組みを促進するために、火山防災対策の先進県である鹿児島県との間で県職員の人事交流を行っています。ほかにも、万が一の際の避難体制を確立するため、市町村や自衛隊等と連携し、実践的な防災訓練を実施しています。

 番組では、岐阜県が取り組む火山防災対策についてご紹介します。

 

2020年パラリンピックをめざして—岐阜県福祉友愛プールオープン—(外部サイト)

放送日:平成28年12月22日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年12月25日(日曜)20時56
分〜21時00分

 障がい者の社会参加の促進や障がい者スポーツの推進などを目的とした通年型屋内温水プール「岐阜県福祉友愛プール」が岐阜市に12月1日オープンしました。

 こちらでは、日本水泳連盟が公認した25メートル6コースのメインプールのほか、お子様でも安心して入れるサブプール、身体を温めるジェットバスなど、設備が充実しています。

 番組では、リポーターとミナモがオープンしたばかりの「岐阜県福祉友愛プール」を取材、その魅力をご紹介します。

 

収蔵庫オープン!—岐阜かかみがはら航空宇宙博物館リニューアルに向けて—(外部サイト)

放送日:平成28年12月15日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年12月18日(日曜)20時56
分〜21時00分

 各務原市にある「かかみがはら航空宇宙科学博物館」は、平成30年3月の全館オープンに向けて、現在リニューアル工事が行われています。

工事の間もリニューアルのことを知ってもらおうと、収蔵庫がプレオープンしました。

 番組では、リポーターとミナモが収蔵庫を取材し、リニューアル後のイメージパネルや航空機の操縦シミュレーターに大興奮。リニューアルに向けて取り組む、「かかみがはら航空宇宙科学博物館」の収蔵庫を紹介します。

 

 

希望が丘こども医療福祉センター—障がい児療育の拠点—(外部サイト)

放送日:平成28年12月8日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年12月11日(日曜)20時56
分〜21時00分

 18歳未満の肢体不自由児、重症心身障がい児、発達障がい児を対象に、診察やリハビリテーション、看護、保育生活指導を総合した療育を行っている「希望が丘こども医療福祉センター」。

 番組では、リポーターとミナモが施設内を取材し、センターの取り組みなどをお伝えします。

 

企画展「インパクト・アクアリウム」—アクア・トトぎふ—(外部サイト)

放送日:平成28年12月1日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年12月4日(日曜)20時56
分〜21時00分

 淡水魚を中心に、は虫類や両生類など水辺で暮らす生き物たちを間近に観察できる、世界最大級の淡水魚水族館「世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ」。12月25日まで、デンキウナギのクリスマスツリー点灯や、クリスマスをイメージした水槽でクリスマス気分を盛り上げてくれます。

 また、現在、インパクトのある生き物を集めた企画展「インパクト・アクアリウム」を開催中。その他、「世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ」で開催されるさまざまなイベントも紹介します。

 

 

畜産の未来を変える—岐阜県畜産研究所—(外部サイト)

放送日:平成28年11月24日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年11月27日(日曜)20時56
分〜21時00分

 飛騨牛ブランドは、肉質日本一の称号も手にし、柔らかく甘みのある肉質は海外でも高い評価を得ています。その飛騨牛ブランドを陰ながらサポートしてきたのが、岐阜県畜産研究所です。畜産研修所では、未来の飛騨牛の品質を支えるため、繁殖のための雄牛の研究と育成を行っています。

 番組では、リポーターとミナモが畜産研究所を取材しました。安全・安心・健康な畜産物の提供と、県内畜産ブランドの振興を、最重要点課題として考えて研究する畜産研究所の取り組みを紹介します。

 

【拡大版】広げよう!つなげよう!未来の農業へ—地域が支える明日の農業づくり—(外部サイト)

放送日:平成28年11月23日(水曜)19時30分〜20時00分
再放送:平成28年11月26日(土曜)14時30
分〜15時00分

再放送:平成28年11月27日(日曜)21時00分〜21時30分
 

 農業者の高齢化や担い手の減少等の課題に対応するため、全国の農業の担い手が一堂に会し、明日の農業に向け考える大会「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」が、11月10日・11日の2日間開催されました。

 番組では、岐阜県が取り組んでいる就農支援体制や新たな就農支援策、また「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」で岐阜県が全国に向けて発信したメッセージなどをお伝えします。

 

未来の防災リーダー!—高校生防災リーダーを育成—(外部サイト)

放送日:平成28年11月17日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年11月20日(日曜)20時56
分〜21時00分

もし今、岐阜県で大きな災害に見舞われたら、どうしますか?

岐阜県では、2年前から、学校や地域の防災力向上に貢献できる未来の防災リーダーを育成するための「高校生防災リーダー養成事業」を進めています。番組では、リポーターが、その事業の一環として災害図上訓練を行っている岐阜工業高校を取材しました。岐阜県の防災に関する取り組みをご紹介します。

 

障がい児者や家族を支える—重症心身障がい在宅支援センター「みらい」—(外部サイト)

放送日:平成28年11月10日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年11月13日(日曜)20時56
分〜21時00分

昨年4月に開所した重症心身障がい在宅支援センター「みらい」。みらいでは大きく分けて3つの活動をしています。
1つ目は相談支援体制の充実。2つ目は家族間のネットワークづくり。3つ目は看護人材の育成や確保です。
番組では、相談支援体制の充実をはじめとする活動内容や、「みらい」が開催する家族交流会の様子などを紹介します。

 

 

医療通訳ボランティア—多文化共生プロジェクト—(外部サイト)

放送日:平成28年11月3日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年11月6日(日曜)20時56
分〜21時00分

 日常会話ができても医療機関で受診するときにはうまく伝えられず、困っている外国人の方々が多くいます。そのような方のために、医療知識を持ち、患者と医師のコミュニケーションの橋渡しをする医療通訳が必要です。

 県では、多文化共生社会の実現に向けた取組みの一環として、医療通訳ボランティアの育成に力を入れています。番組では、リポーターが岐阜大学で行われた医療通訳ボランティアを育成するための実習現場を取材し、岐阜県の医療通訳ボランティア育成の取組みを紹介します。

 

 

【拡大版】「心も体も頭も健康に」—全国レクリエーション大会開催の意義—(外部サイト)

放送日:平成28年11月2日(水曜)19時30分〜20時00分
再放送:平成28年11月5日(土曜)14時30
分〜15時00分

再放送:平成28年11月6日(日曜)21時00分〜21時30分
 

 9月23日から3日間の日程で開催された「第70回全国レクリエーション大会in岐阜」。「清流に楽しさ笑顔夢いっぱい」の大会スローガンの下、県内すべての市町村でさまざまな種目が行われました。その数、過去最多の38種目。これまでの大会にはない最大規模の取り組みでした。

 番組では、全国レクリエーション大会の模様を中心に、楽しくレクリエーションを行う意味とこれからの取り組みについてお伝えします。

 

 

 

世界に恋する薔薇園—花フェスタ記念公園—(外部サイト)

放送日:平成28年10月27日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年10月30日(日曜)20時56
分〜21時00分

 約7000品種3万株のバラが自慢の「花フェスタ記念公園」。秋のバラの見ごろを迎えるこの時期に、11月13日まで「秋のバラまつり」が開催されています。

 番組では、リポーターが園内を取材し、秋のバラの特徴やこの時期に楽しむことができる「バラの実」などをお伝えします。さらに、「秋のバラまつり」中に開催されるさまざまな体験イベントなどもご紹介します。

 

 

養老改元1300年!—養老公園を楽しもう—(外部サイト)

放送日:平成28年10月20日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年10月23日(日曜)20時56
分〜21時00分

 名瀑「養老の滝」を中心とした、養老山麓に広がる東西約1,800m・南北約600mの「養老公園」。園内には、世界的なアーティストが手掛けた施設「養老天命反転地」や第44代天皇の元正天皇行幸遺跡などがあります。元正天皇が西暦717年に元号を「養老」に改めてから、来年2017年で1300年を迎えます。

 番組では、リポーターが養老公園を散策し、公園の見どころや1300年を迎えて行われる「養老改元1300年祭」についてご紹介します。

 

【拡大版】世界にはばたく「清流の国ぎふ」の魅力(外部サイト)

放送日:平成28年10月19日(水曜)19時30分〜20時00分
再放送:平成28年10月22日(土曜)14時30
分〜15時00分

再放送:平成28年10月23日(日曜)21時00分〜21時30分

 岐阜県ではこれまで、人口が増加し経済発展が著しいアジア諸国と、世界の情報と流行の発信拠点であるヨーロッパを中心に、「観光・食・モノ」を三位一体で海外に売り込む「飛騨・美濃じまん海外戦略プロジェクト」を展開してきました。

 先月、さらに広く世界へ「清流の国ぎふ」を発信するため、初めてアメリカにてトップセールスが行われました。

 番組では、今年行われた海外へのトップセールスの様子とともに、岐阜県が海外とどのような交流を進め積極的な情報発信を行っているのかをお伝えします。

 

日本一のあゆ王国へ!—あゆ王国ぎふ会議—(外部サイト)

放送日:平成28年10月13日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年10月16日(日曜)20時56
分〜21時00分

 世界に認められた岐阜県が誇る遺産「清流長良川の鮎」。しかしながら、岐阜県の鮎の漁獲量は全国第4位で、あゆ養殖生産量を合わせても全国第2位。まだ、日本一にはなれていません。

 今回番組では、9月18日に開催された「あゆ王国ぎふ会議」を取材しました。全国から自慢の鮎が出品され、どこの鮎が一番おいしいのかを決める大会「清流めぐり利き鮎会」の模様や会場の様子などをご紹介します。

 

 

いざ、癒しの森へ—南ひだ健康道場—(外部サイト)

放送日:平成28年10月6日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年10月9日(日曜)20時56
分〜21時00分
 

 大自然を間近に感じることができる「南ひだ健康道場」。ここでは、3つの雰囲気の違う森を体感することができます。また、敷地の中には、さまざまな体験ができる施設も整備されています。

 番組では、リポーターがこんにゃく作りやちぎり絵を体験。大自然に囲まれた「南ひだ健康道場」の魅力を紹介します。

 

 

自然の中を駆け抜ける—樽見鉄道の旅—(外部サイト)

放送日:平成28年9月29日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年10月2日(日曜)20時56
分〜21時00分
 

 大垣市の大垣駅から本巣市の樽見駅まで、全長34.5キロメートルを結ぶローカル鉄道「樽見鉄道」。その樽見鉄道の本巣駅では、運転体験講習会に参加することができます。

 今回はリポーターとミナモが、本巣市のマスコットキャラクター「もとまるくん」とともに、各停車駅の魅力を紹介します。たくさんの自然に囲まれ、薬草列車やしし鍋列車などのグルメも同時に楽しむことができる、樽見鉄道の魅力をお伝えします。

 

 

競馬場に遊びにいこう!—笠松競馬場—(外部サイト)

放送日:平成28年9月22日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年9月25日(日曜)20時56
分〜21時00分

 

 今回、リポーターとミナモは、笠松駅からすぐの木曽川のほとりにある「笠松競馬場」を取材しました。

 名物予想屋のおじさんに話を聞き、競馬場が一望できる特別観覧席へ。さらに、昭和9年創業のマルキン食堂では、おすすめのどて飯を堪能します。また、現在笠松競馬場で人気実力ともにトップクラスの佐藤友則騎手にインタビューし、競馬の魅力を聞きました。

 番組では、笠松競馬場のさまざまな楽しみ方をお伝えします。

 

一足早く林業の世界に—山しごとインターンシップ—(外部サイト)

放送日:平成28年9月15日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年9月18日(日曜)20時56
分〜21時00分
 

 林業への就職を希望する高校生たちに、本格的な職業体験を実施し、林業の仕事に対する理解を深めてもらう「山しごとインターンシップ」。民間の林業会社で働く現役の作業員が生徒たちに直接指導し、本格的な職業を体験することができます。

 番組では、リポーターが山しごとインターンシップを行っている現場を取材し、林業体験を行っている高校生と、指導する作業員の方のインタビューを交えて、岐阜県の林業に対する取組みを紹介します。

 

 

明日に向かって走れ!ージュニアアスリート—(外部サイト)

放送日:平成28年9月8日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年9月11日(日曜)22
時00分〜22時04分
 

 県では、オリンピック等で活躍する人材を県内のジュニアから発掘・育成するため、県独自の育成プログラムを策定し、ジュニアの適性に応じた競技種目の選択ができるシステムを構築する「清流の国ジュニアアスリート育成プロジェクト」を実施しています。

 今回子どもたちがトレーニングする場所は、世界で活躍するトップアスリートたちも数多く利用している、飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア。番組では、リポーターとミナモが子どもたちのトレーニングの様子を取材し、トップアスリートを目指す輝く子どもたちやプロジェクトなどを紹介します。

 

 

 

もう一度、水に命を!ー各務原浄化センター—(外部サイト)

放送日:平成28年9月1日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年9月4日(日曜)20
時56分〜21時00分
 

 各務原浄化センターは、木曽川右岸流域にある10市町の汚水を処理する施設で、今年で設立25周年を迎えます。県内で最も大きな汚水処理施設であり、施設見学や親子探検ツアーなども開催しています。

 番組では、リポーターが親子探検ツアーに参加し、岐阜県浄水事業公社の方にお話を聞きながら施設内を探検して、汚水処理の流れやセンターの取り組みなどを紹介します。

 

【拡大版】「清流の国ぎふ」は世界遺産の宝庫(外部サイト)

放送日:平成28年8月31日(水曜)19時30分〜20時00分
再放送:平成28年9月3日(土曜)14
時30分〜15時00分・平成28年9月4日(日曜)21時00分〜21時30分

 現在、岐阜県には認定・登録済みの世界遺産が4つ存在します。

 ○ユネスコ世界文化遺産「白川郷の合掌造り集落」○ユネスコ無形文化遺産「本美濃紙・日本の手漉和紙技術」

 ○FAO世界農業遺産「清流長良川の鮎」○ICID世界かんがい施設遺産「曽代用水」

 そして、新たに登録を待つ遺産は2つあります。

 ○ユネスコ世界の記憶「杉原リスト」○ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」

 全部で8種類の遺産があり、9つの市町村が遺産を持つ地域です。

 今回は、「清流の国ぎふ」にあるさまざまな世界遺産をご紹介しながら、この世界遺産を守り、伝えるために、どのような取り組みが進められているかを、ミナモと一緒にお伝えします。

 

清流長良川の鮎ーGIAHS鮎の日—(外部サイト)

放送日:平成28年8月25日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年8月28日(日曜)20
時56分〜21時00分
 

 長良川上中流域の「清流長良川の鮎」が昨年12月、国連食糧農業機関の世界農業遺産に認定され、これを機に鮎や清流への関心を高める取り組みが動き出しました。

 毎年、7月の第4日曜日を「GIAHS(ジアス)鮎の日」と定め、清流長良川の鮎をテーマにしたイベントが行われます。制定後初となる今年の鮎の日は7月24日で、鮎の文化体験ツアーや鮎にまつわるさまざまな催しが行われました。

 番組ではリポーターとミナモが、河川環境楽園で行われたイベントと、国際的な貢献を果たしていくことを目的に設立された内水面漁業研修センターの開所式を取材し、岐阜県の「清流長良川の鮎」についての取り組みを紹介します。

 

 

明日の農業のために!ー全国農業担い手サミット—(外部サイト)

放送日:平成28年8月18日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年8月21日(日曜)20
時56分〜21時00分
 

 今年11月に岐阜県で開催される「第19回全国農業担い手サミットinぎふ」に向けて、自治会や民間企業等が集まり新規就農者を地域ぐるみで応援するための「就農応援隊」が結成されました。番組では、リポーターやミナモが、今年6月28日に行われた結団式を取材しました。若手の農業者による決意表明の様子や、就農応援隊隊長のインタビューを交えて結団式の様子をご紹介します。また、岐阜県方式の担い手づくりの取り組みである、夏秋トマトの栽培法を学ぶ研修施設「郡上トマトの学校」に訪問し、岐阜県の新たな農業の担い手を育成する取り組みをお届けします。

 

 

ともに、つくる、つたえる、かなえるーぎふ清流文化プラザ—(外部サイト)

放送日:平成28年8月11日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年8月14日(日曜)20
時56分〜21時00分
 

 今年9月に1周年を迎えるぎふ清流文化プラザは、「子ども、若者など、次世代の文化芸術の担い手を育成し、県民参加による新たな文化を創造するための拠点」と「障がい者の文化芸術活動の拠点」のコンセプトにより、県民の皆さんが気軽に利用できる施設です。

 番組では、粘土や土にまつわる作品が展示される「第2回ともに、つくる、つたえる、かなえる展」の制作風景や、オールメイドイン岐阜の和綿のアイテムを作る「和綿プロジェクト」の様子、1周年に合わせて行われるさまざまなイベントをご紹介します。

 

 

楽しく体を動かそう!ーミナレクキャラバン—(外部サイト)

放送日:平成28年8月4日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年8月7日(日曜)20
時56分〜21時00分

 今年9月に岐阜県で開催される「第70回全国レクリエーション大会in岐阜」のPRと、軽スポーツ・体操・ダンスといったレクリエーションの楽しさを伝えるために結成された、ミナレクキャラバン隊。大会を盛り上げるため、全42市町村を訪問しています。

 番組では、リポーターとミナモがミナレクキャラバン隊が訪れている会場を取材し、ミナレクキャラバン隊の取り組みやレクリエーションの楽しさをお伝えします。

 

 

鳥になった恐竜!?ー岐阜県博物館40周年記念—(外部サイト)

放送日:平成28年7月28日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年7月31日(日曜)20
時56分〜21時00分
 

 今年で開館40周年を迎えた岐阜県博物館。40周年の特別記念として、現在、「新・恐竜展—鳥になった恐竜の脳科学—」が開催されています。

 番組では、リポーターとミナモが企画展を取材し、岐阜県博物館の恐竜博士とともに、恐竜の進化の過程を紹介します。

 

 

これってナンヤローネ?ー岐阜県美術館—(外部サイト)

放送日:平成28年7月21日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年7月24日(日曜)20
時56分〜21時00分
 

 今年、岐阜県美術館ではアート作品との新しい感じ方を提案するナンヤローネプロジェクトを実施しています。

 「アートってナンヤローネ?」展示されている作品を見て、そんな素朴な疑問を大切に、美術に親しんでもらうことを狙いとしています。

 番組では、月に1回開催されている「ナンヤローネアートツアー」にリポーターとミナモが参加し、岐阜県美術館で行われる「ナンヤローネプロジェクト」の取り組みを紹介します。

 

 

富山湾で夏を先どり!ー富山・岐阜交流の日—(外部サイト)

放送日:平成28年7月14日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年7月17日(日曜)20
時56分〜21時00分

 

 東海北陸自動車道が全線開通した平成20年7月5日を記念して、岐阜県と富山県では、7月5日を「富山・岐阜交流の日」と定め、両県の連携・交流を進めています。

 今回は、岐阜県を飛び出し、富山県射水市へ。リポーターとミナモが富山県の観光名所と新鮮な海の幸をたっぷり満喫。富山県射水市の魅力をご紹介します。

 

 

地域とともに歩む学校!ー羽島特別支援学校—(外部サイト)

放送日:平成28年7月7日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年7月10日(日曜)19時00分〜19時04分

 

平成28年4月に開校した羽島特別支援学校。校訓である「ともに学び、ゆたかに育つ」のもとで、全校生徒が社会の中で自立していけるよう、さまざまな技能を身に付けています。

 番組では、学校に通う生徒の実習風景や地域の方とのつながりを、リポーターとミナモが紹介します。

 

 

 

農業を担う期待の青年たちー岐阜県農業大学校—(外部サイト)

放送日:平成28年6月30日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年7月3日(日曜)20時56分〜21時00分


 可児市にある岐阜県農業大学校は、農畜産物の生産に必要な技術や知識を実践的に学ぶ学校です。全寮制で2年間講義や実習などを通じ、農業の基礎技術や知識を身に付けます。

 番組では、リポーターとミナモが実習授業を取材し、授業を受ける生徒や校長先生のインタビューを踏まえて、農業大学校の魅力を紹介します。

 

愛され続ける曽代用水ー世界かんがい施設遺産—(外部サイト)

放送日:平成28年6月23日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年6月26日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 長良川から取水して、関市と美濃市の約17kmを流れる農業用の水路「曽代用水」。350年に渡って農業の発展に寄与したことや江戸時代に農家主導で建設されたことなど、歴史的価値の高い施設と評価され、「世界かんがい施設遺産」に県内から初めて登録されました。

 番組では、リポーターとミナモがその歴史について取材し、長年農民たちを見守り続け世界から評価された「曽代用水」をご紹介します。

 

 

 

観光列車「ながら」出発進行!—長良川鉄道—(外部サイト)

放送日:平成28年6月16日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年6月19日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 今年4月に運行を開始した長良川鉄道の観光列車「ながら」。沿線の味覚を楽しむことができる食堂車と観光列車の2両編成で、岐阜県初の観光列車として注目を集めています。

 番組では、リポーターとミナモが列車に乗り込み、車内の特徴や注目の車体など「ながら」の魅力をリポートし、岐阜県の新たな顔として出発した観光列車「ながら」を紹介します。

 

 

陶磁器でたどる日本のモダン—岐阜県現代陶芸美術館—(外部サイト)

放送日:平成28年6月9日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年6月12日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 多治見市にある岐阜県現代陶芸美術館では、7月10日まで、陶磁器の歴史がわかる展覧会「セラミックス・ジャパンー陶磁器でたどる日本のモダンー」を開催しています。明治初期から第二次世界大戦までの70年間の陶磁器が展示され、デザインの流れから歴史を学ぶことができます。

 番組では、リポーターとミナモが展覧会を訪れ、展示されているさまざまな陶磁器とその歴史について学びます。

 

 

 

世代を超えて楽しもう!—レクリエーションフェスティバル—(外部サイト)

放送日:平成28年6月2日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年6月5日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 4月30日に岐阜メモリアルセンターにて「春のレクリエーションフェスティバル」が開催されました。会場では、さまざまなレクリエーション種目が体験でき、多くの家族連れなどでにぎわいました。

 番組では、リポーターとミナモが会場を訪れ、レクリエーション種目を体験リポートします。

 また、9月23日から3日間開催される「第70回全国レクリエーション大会in岐阜」に向けた岐阜県の取り組みについてもご紹介します。

 

春のバラまつり・2016—花フェスタ記念公園—(外部サイト)

放送日:平成28年5月26日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年5月29日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 約7000品種3万株のバラが自慢の花フェスタ記念公園。その花フェスタ記念公園では、6月19日まで「春のバラまつり」を開催しています。春のバラまつりでは、最新品種のバラを見ることができるほか、期間中は熱気球体験などさまざまなイベントが開催されます。

 番組では、花フェスタ記念公園のバラ博士に今年のバラ園の見どころを教えてもらったり、熱気球やみたけ華ずし作りなどの体験を通して、春のバラまつりの魅力をお伝えします。

 

仕事と家庭の両立支援!ー岐阜県子育て支援エクセレント企業—(外部サイト)

放送日:平成28年5月19日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年5月22日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 岐阜県では、従業員の仕事と家庭の両立支援に取り組む企業の中でも、特に先進的な取り組みを行う企業を「岐阜県子育て支援エクセレント企業」として認定しています。

 番組では、平成27年度に認定された株式会社トーカイをご紹介します。

 株式会社トーカイでは、女性だけのプロジェクトチームを立ち上げたり積極的に女性の採用を行うなど、女性の活躍に期待を寄せています。女性が働きやすい仕事環境の充実を図っている取り組みをお届けします。

 

杉原千畝の功績を記憶に!ー杉原リスト—(外部サイト)

放送日:平成28年5月12日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年5月15日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 第二次世界大戦下、ナチスの迫害から逃れるため、リトアニアの日本領事館に押し寄せたユダヤの人々にビザを発給し、多くの命を救った外交官・杉原千畝。その杉原千畝の出生の地は、岐阜県加茂郡八百津町です。八百津町では、杉原千畝の功績を表す資料を「杉原リスト」として、ユネスコ記憶遺産に登録申請しています。

 番組では、杉原千畝記念館を訪れ、杉原千畝の功績などをご紹介します。

 

 

岐阜ローカル鉄道の旅!ー養老鉄道—(外部サイト)

放送日:平成28年5月5日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年5月8日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 三重県桑名市から岐阜県揖斐川町までの全長57.5kmを結ぶ養老鉄道。3市4町にまたがり、通学や通勤、行楽を楽しむ路線として利用されています。

 番組では、岐阜県で最も南にある駅・美濃松山駅から終点の揖斐駅までの旅をミナモとともに楽しみます。各駅では、それぞれの地域のご当地キャラクターが登場し、おすすめの観光スポットもご紹介します。

 

 

 

ゴールデンウイークは懐かし体験!ー日本昭和村—(外部サイト)

放送日:平成28年4月28日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年5月1日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 美濃加茂市にある日本昭和村は、昭和30年代の里山の風景を再現したテーマパークです。

 番組では、昭和の雰囲気が漂う園内で、ミナモとリポーターが、昔懐かしいロバのパンやピンク色の珍しいカレーなどのグルメを堪能します。また、猿まわしなどのイベントをリポートし、日本昭和村の楽しみ方をご紹介します。さらに、ゴールデンウイークのイベント情報もお届けします。

 

 

 

 

ペットを愛する人たちへ!ー動物愛護センター—(外部サイト)

放送日:平成28年4月21日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年4月24日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 開所して2年を迎えた美濃市にある岐阜県動物愛護センター。ここは、保健所で保護された多くの犬や猫の譲渡や、動物愛護の普及啓発を目的として開設されました。

 岐阜県動物愛護センターでは、犬や猫を自由に見ることができるほか、ドッグランもあり、愛犬を思い切り遊ばせたいという飼い主の方も気軽に利用することができます。

 番組では、ペットの飼い方講習やしつけ教室を取材し、岐阜県動物愛護センターの役割と取り組みを紹介します。

 

 

 

飛騨で家具作りを学ぶ!ー木工芸術スクール—(外部サイト)

放送日:平成28年4月14日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年4月17日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 日本有数の家具の産地・飛騨高山。高山市には、1年課程で「飛騨の家具」づくりに携わるスペシャリストを養成する専門学校「木工芸術スクール」があります。学校には、全国的にも珍しい設備が備えられ、椅子やテーブルなど脚物の家具を中心に実践授業が行われます。

 番組では、「木工芸術スクール」で家具作りを学ぶ生徒の様子や、卒業生が働く企業の方のインタビューを交えて、木工芸術スクールについて紹介します。

 

 

関ケ原の魅力を世界に発信!ー世界古戦場サミット—(外部サイト)

放送日:平成28年4月7日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年4月10日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 今でも多くの史跡が残る関ケ原古戦場。その関ケ原古戦場の魅力を世界に発信しようと、3月19日に「世界古戦場サミット」が開催されました。

 サミットでは、ナポレオン戦争で有名なベルギーのワーテルロー古戦場と、アメリカ南北戦争の激戦地であるゲティスバーグ古戦場の関係者が集まり、3つの古戦場を「世界三大古戦場」と位置付け交流を深めるとともに、将来を見据え話し合われました。

 番組では、サミットの様子やそれぞれの古戦場について触れながら、岐阜県の財産である関ケ原古戦場の今後の展開についてお届けします。

 

 

 

【拡大版】世界農業遺産「清流長良川の鮎」—「里川」における人と鮎のつながりー(外部サイト)

放送日:平成28年3月27日(日曜)18時30分〜19時00分
再放送:平成28年3月29
日(火曜)11時00分〜11時30分、平成28年3月31日(木曜)14時30分〜15時00分 

 昨年12月、長良川上中流域をエリアとする「清流長良川の鮎」が、イタリア・ローマにあるFAO=国連食糧農業機関の「世界農業遺産」に認定されました。鮎を中心に長良川流域に暮らす人々の生活や文化、歴史などが深く結び付く「里川」を県民が守り続けてきた結果、「里川における人と鮎のつながり」として世界に認められたのです。

 番組では、世界農業遺産がこの長良川にどのような恩恵をもたらし、また今度、どのような取り組みが必要なのかをお伝えします。

 

 

 

花を飾って素敵な生活ー花で彩る清流の国ぎふ—(外部サイト)

放送日:平成28年3月24日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年3月27日(日曜)20時56分〜21時00分

 花に親しみ興味を持ってもらうことを目的に、平成28年3月5日開催された「ぎふフラワーフェスティバル2016」。会場では、生け花や鉢植え体験に加え、珍しい花や新品種などが展示され、多くの来場者で賑わいました。

 番組では、「ぎふフラワーフェスティバル2016」の模様をリポートし、岐阜県の花に関するさまざまな取り組みを紹介します。

 

 

岐阜の農業を全国に発信!ー全国農業担い手サミット—(外部サイト)

放送日:平成28年3月17日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年3月20日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 岐阜県では、平成28年度までに1,000人の新規就農者を育成する「担い手育成プロジェクト1000(せん)」に取り組んでいます。その一環として創設されたのが「岐阜県就農支援センター」。新たにトマトで就農を目指す人たちが学ぶ研修施設です。

 また、農業の担い手育成については、平成28年11月10日・11日に、「全国農業担い手サミット」が岐阜県で開催されます。

 番組では、「担い手育成プロジェクト1000」の取り組みや、平成28年2月5日に開催された「全国農業担い手サミット」のPRイベント等の様子を踏まえて、「全国農業担い手サミット」等について紹介します。

 

 

女性がイキイキと働くためにーDear!ぎふジョ!大女子会—(外部サイト)

放送日:平成28年3月10日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年3月13日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 岐阜県では、働きたい女性を応援する「Dearぎふジョ!プロジェクト」を立ち上げています。平成28年2月20日には、プロジェクトの一環として、女子学生と働く女性たちとの交流会「Dearぎふジョ!大女子会」が開催されました。

 番組では、大女子会に参加した女子学生のインタビューや交流会の様子、「Dearぎふジョ!プロジェクト」の取組みを紹介します。

 

 

岐阜県と鹿児島県の絆ー友好の証プロジェクト—(外部サイト)

放送日:平成28年3月3日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年3月6日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 江戸時代宝暦4年(1754年)、幕府の命令を受けた薩摩藩が、水害で苦しむ美濃の人々を救うために命がけで木曽三川を分流する難工事に挑みました。この工事は「宝暦治水」と名を残しています。この「宝暦治水」を縁に、岐阜県と鹿児島県は昭和47年に姉妹県盟約を締結。これまでに、教員や職員の相互派遣、教育や経済などの分野で交流を続けています。

 番組では、宝暦治水の歴史や、岐阜県が新たにスタートした鹿児島県鶴丸城御楼門の復元を支援する、友好の証プロジェクトについて紹介します。

 

 

第8回円空大賞展ー岐阜県美術館—(外部サイト)

放送日:平成28年2月25日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年2月28日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 岐阜県美術館で平成28年3月13日まで開催している「第8回円空大賞展」。岐阜県ゆかりの修行僧「円空」を顕彰して、岐阜県の芸術・文化振興を図る目的で開催するものです。展覧会では、円空大賞と円空賞に選ばれた5人のアート作品と県内の円空仏、合わせて43点が展示されています。

 番組では、円空大賞展の作品を紹介するとともに、アーティストのインタビューを踏まえて、円空大賞展の魅力をお伝えします。

 

岐阜イチゴの新品種!ー岐阜県農業技術センター—(外部サイト)

放送日:平成28年2月18日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年2月21日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 県内の農業を支えるため、果物や野菜などさまざまな研究開発を行っている岐阜県農業技術センター。その中で、今が旬のイチゴに新品種が誕生しました。

 番組では、新たに開発されたイチゴ「華かがり」の特徴などを紹介するとともに、岐阜県農業技術センターが行っている研究開発の活動についてお伝えします。

 

 

我が街を守る消防団ー消防団員になろう—(外部サイト)

放送日:平成28年2月11日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年2月14日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 地域ごとに一般市民の中から希望者を募り、自分の住む地域を守る消防団。火災が発生した場合や地震、洪水といった大規模災害発生時に、消火活動や人命救助など大きな役割を担います。

 今年1月11日には、羽島市消防出初式が行われ、羽島市消防団による一斉放水や、創設100年の歴史がある晶泉消防組の手動式ポンプを使った伝統の手法で、放水の披露が行われました。

 番組では、羽島市消防出初式の様子を中心に、消防署と消防団の違いや、消防団の活動について紹介します。

 

 

 

企業の製品を海外へー岐阜県産業経済振興センター—(外部サイト)

放送日:平成28年2月4日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年2月7日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 岐阜県産業経済振興センターでは、企業の経営についての相談や取引先の開拓、起業を目指す方の支援などを行っています。その取組みの一つに、海外展開の支援もあります。

 番組では、昨年12月に行われたタイのバイヤーとの商談会や海外マーケティングに関するセミナーを取材し、その様子を海外進出を目指す企業の方のインタビューなどを踏まえてお伝えします。

 

 

 

 

 

生き物の呼吸法に驚き!ーアクア・トトぎふ—(外部サイト)

放送日:平成28年1月28日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年1月31日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 世界最大級の淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」は、魚類を中心に、爬虫類(はちゅうるい)や両生類など水辺の生き物たちを観察できます。パフォーマンスが得意なアシカや、愛嬌のあるカピバラのほかに、現在日本では生息しない珍しい魚「ハイギョ」6種類を見ることができます。

 番組では、肺を持つ不思議な魚「ハイギョ」の呼吸法を交えながら、「アクア・トトぎふ」の魅力をお伝えします。

 

 

 

目指せプロフェッショナルーSPH大垣桜高校—(外部サイト)

放送日:平成28年1月21日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年1月24日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)とは、社会の第一線で活躍できる専門的職業人を育成する高等学校のこと。そのSPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)に指定されたのが、県立大垣桜高校です。全国の高等学校の中でわずか10校しか選ばれていません。

 番組では、服飾デザイン科と食物科のカリキュラムや卒業研究作品発表会の様子を踏まえ、SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)である大垣桜高校をご紹介します。

 

 

 

 

岐阜が誇る伝統と最新技術ーものづくり岐阜テクノフェア—(外部サイト)

放送日:平成28年1月14日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年1月17日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 昨年11月に開催された「ものづくり岐阜テクノフェア」。世界に誇る技術や製品・研究開発成果などを発信する催しで、2年に1度行われています。会場には、県内118もの企業や団体が出展し、ものづくりの技術を紹介しました。

 また、同時に「岐阜県伝統・郷土工芸品・地場産品展」も開催され、受け継がれる匠の技と未来を担う岐阜県の最新技術が集結しました。

 番組では、会場の様子をリポートし、最新の技術や伝統の技などをお伝えします。

 

 

ぎふの文化・芸術拠点誕生ーぎふ清流文化プラザ—(外部サイト)

放送日:平成28年1月7日(木曜)18時53分〜18時57分
再放送:平成28年1月10日(日曜)20時56分〜21時00分

 

 岐阜市学園町にある「ぎふ清流文化プラザ」は、ホールやギャラリーなど岐阜の新たな文化・芸術の発信拠点として、昨年9月にオープンしました。

 番組では、舞台やコンサート会場としてさまざまなイベント展開ができる「長良川ホール」や、施設内にある「子育て支援スペース」など、「ぎふ清流文化プラザ」の魅力をお伝えします。

 

平成27年4月以降に放送した「ぎふ県政ほっとライン」の内容
放送終了後、ぎふチャンホームページで動画が配信されます。(外部サイト)