ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

農業技術センター

研究所紹介

主に県内の平坦地農業を対象とし、新品種の育成、新しく個性のある栽培技術の開発を進めています。また、環境にやさしい防除法や施肥法の開発等も積極的に進めており、「ぎふクリーン農業」の推進に寄与しています。新品種育成では、水稲の「ハツシモ岐阜SL」、バラの「アンジェロゼ」、イチゴの「美濃娘」、フランネルフラワー「フェアリーホワイト」等を岐阜県ブランドとして世に送り出しています。本所の他に、茶栽培に特化した池田試験地があります。

研究体制

作物部

イネ、麦、大豆、茶のブランド化を進める品種育成や選定、品質向上、減農薬・減化学肥料を目指した栽培技術の研究を行っています。作物部

 

 

 

花き部

バラ、トルコギキョウ、鉢物類のブランド化のための品種育成や栽培技術、ドライミストによるバラの夏期高温対策技術を研究しています。花き部

 

 

 

野菜・果樹部

イチゴの品種育成、トマトの周年生産のための栽培技術、各種野菜の安定生産、高付加価値化のための栽培技術を研究しています。

カキ・ナシの日持ち性や糖度を向上させる研究や機能性成分を利用した化粧品・食品素材の開発によりブランド化を進めています。野菜・果樹部

 

 

環境部

「ぎふクリーン農業」推進のために、家畜ふん堆肥の有効利用技術、化学農薬の使用を減らした病害虫防除法、農薬の安全使用に関する研究を行っています。

環境部

 

 

 

生物機能研究部

植物病害防除、育種手法、生物農薬など生物の持つ多様な機能の開発・利用に関する研究を行っています。

生物機能研究部

 

 

詳細はこちらをご覧ください(外部サイト:岐阜県農業技術センター)