ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中山間農業研究所

研究所紹介

県内の中山間地農業の維持、発展を図るため、地域に密着した特産農作物の品種育成、農産物のブランド化を目指した栽培技術開発及び技術支援を行っています。

 

本所・試験研究部(飛騨市)

たわわになったヤマブドウ

 

飛騨地域で盛んに栽培されている夏秋トマトや夏どりホウレンソウに関する栽培技術研究、主食用米に加えて酒造好適米、糯米等の水稲、黄色輪ギク、飛騨モモ、ヤマブドウといった地域特産作目の品種育成や栽培技術研究に取り組んでいます。さらに「ヤマブドウ・エゴマ」については利用に関する研究も行っています。

 

 

 

中津川支所(中津川市)

東濃のクリ

 

東濃地域の目玉品目であるクリやシクラメンのブランド化を目指した栽培技術研究、主要品目であるトマトやナスの新栽培法の確立、新しい糯米の栽培技術や飼料稲品種等の検討を行っています。

 

 

 

 


 

詳細はこちらをご覧ください(外部サイトへのリンク)。