ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

畜産研究所

研究所紹介

 当研究所は、「平成24年度研究開発課基本方針」に基づく研究開発を推進し、その研究成果の速やかな技術移転を積極的に進めることにより「ぎふ農業・農村基本計画」(平成23年3月策定)の目標達成のための支援に積極的に取り組んでいきます。
特に、県民に対する安全・安心・健康な畜産物の提供と県内畜産ブランド産品の振興を最重点課題として位置づけ、関係部課及び関係機関と緊密な連携をとり、(1)家畜の育種改良の推進、(2)畜産新技術の開発、(3)畜産環境改善を中心とした研究開発に取組み、その成果を踏まえた技術支援により県内畜産業の発展に貢献します。

研究体制

飛騨牛研究部

はなきよくに 優良種雄牛の育種改良を推進し、「飛騨牛」の全国ブランドとしての基盤の確立に努めます。特に、次世代種雄牛として、「飛騨牛」の種牛性(しゅぎゅうせい)、体積を更に改良する種雄牛造成に取り組むとともに、おいしい牛肉の開発を進めるために探索研究を推進し、育種改良への活用を目指します。

 

酪農研究部

トロル 雌雄判別胚の簡易移植技術確立等のバイオ技術開発の成果を基に、「家畜性判別胚供給事業」により優良乳用牛雌胚の供給、性判別技術の提供を実施し、県内乳用牛改良のスピードアップを積極的に支援します。同時に近年問題となっている繁殖性低下に対する改善技術の開発により、更なる改良増殖を推進します。

 

養豚養鶏研究部

ブタ 「けんとん」生産に必要なナガラヨークとアイリスナガラの安定供給に努めるとともに、これらの肉質改良研究を推進します。更に、筋肉内脂肪含量の多い(いわゆるサシが入る)こだわり豚肉生産のためのデュロック種(ボーノブラウン)の人工授精用精液の供給を推進します。
また、資源循環型社会への対応として、堆肥の流通促進と畜産施設の脱臭対策として、アンモニアリサイクラーの普及を推進し、臭気問題に対応しながら地域内資源を循環させるシステムの構築に取り組みます。
 

養豚養鶏研究部関試験地

こじどり 「奥美濃古地鶏(おくみのこじどり)」の原種鶏(げんしゅけい)の育種改良と肉質研究により高品質化を目指すとともに、種鶏の供給により積極的に生産基盤の支援に努めます。
消費が伸びている有色卵のニーズに応えるため、岐阜県オリジナルの高品質な赤玉鶏(あかだまけい)の開発を推進し、普及性を高めるために産卵性の向上に取り組みます。
 

 

 畜産研究所ホームページ(外部サイト)