ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

刑事総務課の紹介

刑事総務課では次の仕事をしています

○企画・指導・教養係

刑事部門全般の企画・指導・教養

○犯罪統計係

犯罪統計の分析等

○刑事特捜係

警察署への捜査支援及び後継者の育成

○捜査支援室

犯罪情報の分析による捜査の支援

刑事総務課の沿革

刑事総務課の発足

平成13年4月1日、それまで捜査第一課が受け持っていた刑事警察全般の企画・指導、国際捜査等を担当することによって、捜査第一課が凶悪重要事件等の捜査に専従できるようにと発足しました。

国際捜査の事務移管

平成17年4月1日、刑事部内に組織犯罪対策課が新設され、国際捜査等については組織犯罪対策課に事務移管しました。

刑事特捜係の新設

平成20年4月1日、経験豊かな捜査知識の活用と警察署への捜査支援を目的として、再任用警察官による刑事特捜係を設置しました。

刑事特捜係は、各警察署において、事件捜査に従事するとともに、実際の捜査の現場において若手警察官に対し捜査技能の伝承をしています。

捜査支援室の新設

平成25年4月1日、警察が保有する情報を総合的に分析し捜査の現場に提供する支援体制を構築するため、刑事総務課内に捜査支援室を設置しました。

「人・物からの捜査」が困難となる中、迅速な犯人検挙と事件解決のためには、犯罪関連情報の総合的な分析が必要であり、捜査の方向性や捜査項目の優先順位の判断を情報分析により支援する業務を推進しております。

 

刑事総務課は、近年増加している殺人等の凶悪重要犯罪等に対する捜査力を向上させ、また、適正な捜査を推進し、県民の皆さんが安心、安全に暮らしていける岐阜県づくりを目指しています。