ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県現代陶芸美術館の紹介

岐阜県現代陶芸美術館は、陶芸の現代をテーマとした美術館です。

 国内外にこだわらず、世界各地の近現代の陶芸作品を収集し、さまざまな展覧会を開催しています。

 さらには、陶磁器を通じた人的ネットワークの構築や地域との連携なども視野に入れた活動も展開しています。

 

交通アクセス

 自家用車ご利用の場合

 中央自動車道多治見ICより約10分

 東海環状自動車道土岐南多治見ICより約5分

 

 公共交通機関ご利用の場合

 ・多治見市コミュニティーバス(ききょうバス)(外部サイトにリンクします)※土日・祝日のみ運行

 JR多治見駅南口より乗車

 中心市街地線・オリベルート「セラミックパークMINO」下車

 ・東鉄バス(外部サイトにリンクします)

 JR多治見駅南口東鉄バス3番乗り場「妻木線」もしくは「瑞浪=駄知=多治見線」のどちらかで乗車

 「セラパーク・現代陶芸美術館口」から徒歩約15分

 ・タクシー

 JR多治見駅より約10分

 

休館日

 月曜日(祝日の場合は翌平日)

 年末年始(12月29日から1月3日まで)

 

岐阜県現代陶芸美術館からのお知らせ

 展覧会、イベント等詳細については、下記ホームページをご覧ください。

 岐阜県現代陶芸美術館のホームページ(外部サイトにリンクします)

 

 岐阜県職員倫理憲章現代陶芸美術館実行計画をご紹介します。

 岐阜県現代陶芸美術館倫理憲章