ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県文化財保護センター

新着情報

文化財保護センターからのお知らせです

 

民間企業等職務経験者(史学)を募集しています

 

センターの概要

1はじめに

 

自然豊かな私たちの郷土岐阜の各地には、何万年もの昔から多くの人々が暮らしてきた確かな足跡が数多く残っています。
一方、道路整備やダム工事などの開発を進めて行く過程で、現状のままでは保存できない文化財もたくさんあります。
岐阜県文化財保護センターでは、このような国民的財産である埋蔵文化財を発掘調査などによって正しく記録し保存すると共に県民の皆様にその成果を広く公開し、また積極的に活用することにより、ふるさと岐阜の歴史と地域の埋蔵文化財に対する県民の皆様の理解と関心の向上に努めています。

 

2運営方針

 

(1)発掘調査

区分 内容
発掘作業 発掘調査のてびき(文化庁)及び埋蔵文化財発掘調査共通仕様書(岐阜県文化財保護センター)等に従って行います。
整理等作業

発掘調査のてびき(文化庁)及び埋蔵文化財発掘調査共通仕様書(岐阜県文化財保護センター)等に従って、出土品の洗浄・注記、出土品の接合・拓本・実測、調査記録の整理等を行います。

報告書

発掘調査の結果を報告書として刊行します。

 

(2)普及活用

区分 内容
出前授業 職員が出土品やパネルを学校等へ持参し、遺跡や歴史についての授業を行います。

タイムスリップ探検隊

小学校高学年の児童とその保護者を対象として、発掘作業等の体験学習を実施します。

総合教育センター研修

教員研修の一環として、遺物や発掘調査の成果などを生かした授業づくりのための講座を開催します。

バックヤードツアー

発掘された埋蔵文化財の整理等作業などの見学や作業体験を通じて、センターの業務についての啓発を図ります。

発掘調査報告会

市町村教育委員会等と連携し、県内で行われた埋蔵文化財発掘調査に関する成果を公開します。
現地見学会 発掘作業現場において見学会を開催します。
展示 センター本館、飛騨駐在事務所、県図書館などで出土品や写真・パネル等を展示します。

ホームページ

ホームページにセンターの活動内容を掲載し、埋蔵文化財に関する最新の関係情報を提供します。
年報 毎年度、発掘調査の成果を年報としてまとめ、関係機関へ配布します。

 

(3)研究・支援等

区分

内容

研究 県内の埋蔵文化財の研究を行い、研究紀要等で成果を公表します。

出土品等の管理・貸出

出土品や関係資料等を適正に管理するとともに、貸し出しを行います。
調査支援

県内自治体等が実施する発掘調査において、助言や情報提供等を行います。

 

3調査実績(平成29年3月31日現在)

 

・調査遺跡数180遺跡
・調査面積693,848m2
・報告書138集
・出土遺物24,609箱

 

【これまでの主な発掘調査】

調査原因 遺跡 調査年度 主な遺跡
徳山ダム 23 3から18 戸入村平遺跡(藤橋)、塚奥山遺跡(藤橋)
東海北陸自動車道 3から9 西ヶ洞遺跡(白鳥)、勝更白山神社周辺遺跡(郡上)
東海環状自動車道 23 4から現在 柿田遺跡(可児・御嵩)、佐口遺跡(美濃加茂)、重竹遺跡(関)、荒尾南遺跡(大垣)
中部縦貫自動車道  4 13から現在 上岩野遺跡(清見)、赤保木遺跡(高山)、野内遺跡(高山)

県工業団地造成

・VRテクノジャパン

・ソフトピア

・関テクノハイランド

 

20

22

 

5から8

5から7

8から11

 

船山北遺跡(各務原)、船山北古墳群(各務原)

今宿遺跡(大垣)

砂行遺跡(関)、深橋前遺跡(関)、南青柳遺跡(関)

 

センターの位置

岐阜県文化財保護センター

文化財保護センターへの道順(三田洞自動車学校方面より)1横断歩道が見えます。2横断歩道が見えたら左に入ります。3坂を下りて、ゆっくり直進してください。

公共交通機関ご利用の場合JR岐阜駅前から岐阜バス「茜部三田洞線」「三田洞団地」行に乗車、バス停『三田洞自動車学校口』下車徒歩5分

〒502-0003岐阜市三田洞東1-26-1

TEL058-237-8550
FAX058-237-8551

 

交通アクセス

1公共交通機関ご利用の場合

JR岐阜駅前から岐阜バス「茜部三田洞線」「三田洞団地」行に乗車、バス停『三田洞自動車学校口』下車徒歩5分

 

2車をご利用の場合

東海北陸自動車道関ICから約20分

JR岐阜駅付近から長良橋経由約30分

岐阜県庁付近から岐阜環状線経由約40分

 

飛騨駐在事務所

飛騨調査事務所の外観です

公共交通機関をご利用の場合JR高山駅から濃飛バス「平湯・新穂高線」「新穂高温泉」行に乗車、バス停『町方』下車徒歩8分

〒506-2121高山市丹生川町坊方2109

TEL0577-78-2212
FAX0577-78-2213

 

交通アクセス
1公共交通機関をご利用の場合
JR高山駅から濃飛バス「平湯・新穂高線」「新穂高温泉」行に乗車、バス停『町方』下車徒歩8分

 

2車をご利用の場合
中部縦貫自動車道高山ICから国道41号線・県道89号線経由約20分
JR高山駅から国道158号線経由約20分
丹生川町町方交差点より東へ約900m

 

発掘調査

センターで行う発掘調査に関する情報です。

発掘調査から公開まで

発掘調査はどのように行われるでしょうか。発掘調査から公開までの流れを紹介します。

 

調査ファイル

調査ファイル(平成14年度以降の調査遺跡一覧)

平成30年度調査事業計画「何が見つかる?今年の遺跡」

 

センター調査だより

当センターで行われている発掘調査・整理作業、教育普及活動の様子をお知らせしています。

このホームページで使っている考古学の用語を簡単に説明します。

 

 

イベントファイル

センターが行う行事・展示についてご案内します

平成30年度年間行事予定(PDF:405KB)

 

学校などでの活用

教育普及事業のご案内(PDF:727KB)

・貸出セット(保管資料の活用

 

出前授業 

本物の土器や石器を持って、学校へうかがいます。郷土の歴史や地域の文化財などを題材とした授業を行ってみませんか?

 

見学・体験案内

発掘現場の見学や職場体験など、申し込みはこちらから。

 

発掘調査遺跡マップ(外部サイト)」の使い方を紹介しています。小・中学校の歴史の調べ学習等で活用できます。

小学生による活用例を紹介します。

 

埋文スペシャル

人類の歴史を岐阜県の遺跡・遺物でたどります。


出土品や調査記録の活用

出土した岐阜の逸品

当センターが所蔵する遺物の中でも、「これは!」という逸品について紹介します。

 

遺物紹介

発掘調査で出土した遺物の数々を紹介しています。

 

遺跡紹介

これまでセンターで調査した遺跡を紹介しています。

過去にセンターが調査した遺跡が分かる発掘調査遺跡マップ(外部サイト「県域統合型GISぎふ」を利用)を公開しています。

 

保管資料の活用

発掘調査で出土した遺物や発掘調査の記録などの利用、活用についてはこちらをご覧ください。また、学校の授業で使うことができる、遺物や道具も紹介しています。

 

 

センターの刊行物

報告書などのセンターの刊行物のリストです。

 

考古学コラム「きずな」・広報誌「きずな」バックナンバー

センター職員による考古学コラム「きずな」です。毎回様々なテーマで、考古学のおもしろさを紹介します。

過去に配布した広報誌「きずな」のバックナンバー(PDFファイル)もあります。

 

文化財保護センター倫理憲章

岐阜県職員倫理憲章文化財保護センター実行計画(PDF:222KB)

 

関係機関リンク

関係機関リンク

 

問い合わせ先

  • 総務課・調査課058-237-8550
  • 飛騨駐在事務所0577-78-2212

トップへ戻る