ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

議員提案による「岐阜県中小企業・小規模企業振興条例」が制定されました。

 

 地域の発展に貢献し、本県経済と雇用を支える重要な役割を果たしてきた中小企業・小規模企業が厳しい状況にある中、中小企業の成長や小規模企業の持続的な発展について関係機関と連携して支援していく必要があるため、議員提案による「岐阜県中小企業・小規模企業振興条例」が平成28年第1回定例会で可決され、4月1日に施行されます。

 この条例では、特に経営資源の確保が困難な小規模事業者の事情に配慮するとともに、産学官金の連携により施策を推進すること、教育活動を通じ、児童・生徒が中小企業の事業化活動や地域経済に果たす役割への理解を深めることなど、幅広い中小企業振興の取り組みを進めていくこととしています。

 

岐阜県中小企業・小規模企業振興条例についてはこちらをご覧ください。(PDF:222KB)

 

なお、条例内容の検討にあたって、平成28年1月8日(金)から平成28年2月7日(日)までの間、「岐阜県中小企業・小規模企業振興条例(案)」に対する県民意見募集(パブリック・コメント)を実施し、県民の皆様から貴重なご意見をお寄せいただきました。

 

いただいたご意見の内容とご意見に対する考え方については、こちら(PDF:279KB)をご覧ください。