ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県議会の役割

 私たちの住む岐阜県を明るく住み良いところにするためにはどうしたらよいか、みんなで話し合わなければなりません。しかし、県民の皆さんが全員集まって話し合うことは不可能です。そこで、代表者を選挙で選び、県民の皆さんの代わりに話し合いをして大切なことがらを決めてもらいます。

その代表者が県議会議員で、話し合いの場が県議会です。議員の任期は4年で、現在46人の議員がいます。

 

 

 県民、知事、県議会の関係

 

 

 議決
予算、条例、その他県の行う大きな契約など県政の重要な事項を議決します。

 同意
副知事、教育委員会・人事委員会の委員など県の主要な職につく人を知事が選任または任命する際には、議会の同意を必要とします。

 調査と検査
県の仕事について調査し、必要に応じて関係人の出頭・証言・記録の提出などを求めることができます。

 請願の審査・陳情の調査
請願・陳情をよく審査・調査して、県民の声が県政に反映するようにします。

 意見書
県だけで解決できない問題について、意見書を提出して国の協力を求めます。