ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年10月 > 「アーバンデータチャレンジ2020in岐阜勉強会」を開催

本文

「アーバンデータチャレンジ2020in岐阜勉強会」を開催

岐阜県、公益財団法人ソフトピアジャパン及び市民グループ「CODEforGIFU」では、ソフトピアジャパン・プロジェクトの一環としてオープンデータの利活用促進を図っています。
地域課題解決のためのオープンデータの利活用を目的として、自治体の継続的なデータ公開や企業の参画を促進するコンテスト「アーバンデータチャレンジ2020」の地域拠点の1つに、岐阜ブロックが5年連続で選定されました。
本年は、“プロジェクトX、始動”をテーマに、地域の課題を市民協働(シビックテック)によるプロジェクト形式で解決を目指します。このたび、下記のとおり「アーバンデータチャレンジ2020 in 岐阜 勉強会」を開催します。この勉強会からプロジェクトにご参加いただくことも歓迎いたしますので、是非ご参加ください。

イベント概要

主な内容

○講演1「岐阜県のオープンデータ利活用促進の取組みについて」
  講師:岐阜県総務部情報企画課 担当者
○講演2「岐阜県コロナウイルス対策サイトはどう作られたか」
  講師:CODE for GIFU  天川 伊織(あまかわ いおり) 氏
○ プロジェクトの中間報告
○ 開発ミーティング・成果共有
【プロジェクト】
 ・福祉促進プロジェクト
 ・公共交通プロジェクト
 ・地域猫プロジェクト
 ・災害対策プロジェクト
 ※上記以外の持ち込みプロジェクトも大歓迎です。

日時 令和2年10月31日(土曜日)13時00分から17時00分
場所

オンライン開催(ウェブ会議システムZoomを使用。自宅等からご参加ください。)
オンラインのミーティングが出来るよう、カメラ・マイク・スピーカー又はイヤフォンが利用可能なPCやタブレットをご準備ください。

定員 30名(先着順)
対象
  • 市民協働(シビックテック)による課題解決に興味のある方
  • オープンデータの利活用に興味のある企業の方、市民の方、学生 など
  • オープンデータ事業に興味のある自治体・行政職員
申込み

ソフトピアジャパンWebサイトで必要事項を入力し、送信してください。
申込みページ:アーバンデータチャレンジ 2020 in 岐阜 勉強会 | 公益財団法人ソフトピアジャパン​<外部リンク>

主催 CODE for GIFU、岐阜県、公益財団法人ソフトピアジャパン
後援 岐阜大学

報道発表資料

発表資料 報道発表資料 [PDFファイル/217KB]

問い合わせ先

所属

公益財団法人ソフトピアジャパン
新サービス創出支援室(担当:有馬)

電話 0584-77-1188
FAX 0584-77-1105
メールアドレス service@softopia.or.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>