ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年7月 > 横断歩道を重点とした県下一斉交通安全街頭啓発活動を実施します

本文

横断歩道を重点とした県下一斉交通安全街頭啓発活動を実施します

横断歩道を重点とした県下一斉交通安全街頭啓発活動の実施

 岐阜県交通安全対策協議会(会長:岐阜県知事)は、横断歩道における交通事故の防止に向けて、夏の交通安全県民運動(7月11日から7月20日)の重点項目の一つ「横断歩道における歩行者最優先の徹底」を推進するため、通学路上の横断歩道を重点とした県下一斉の交通安全街頭啓発活動を実施します。
 なお、本啓発活動は、各市町村、警察、交通安全協会等関係機関・団体と連携して実施します。

概要

日時 令和2年7月13日(月曜日)
午前7時20分から午前7時35分
場所 岐阜市薮田南4丁目5番12号先須賀3丁目東交差点
参加者 県環境生活部長、県教育委員会義務教育総括監、県警交通部長、岐阜県交通安全協会事務局長等約16人
※「清流の国ぎふ」マスコットキャラクター「ミナモ」も参加(ミナモは雨天時は中止)
内容 通学路上の横断歩道で実施
  • 通学児童の見守り、安全な横断方法等の安全教育
  • 通行車両に対する「横断歩道における歩行者最優先の徹底」の周知

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:185KB)

問い合わせ先

所属 県民生活課交通安全・コミュニティ係
電話 直通:058-272-1111
内線:2390

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>