ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 講演会「ヒアリに刺された男が語る外来生物の本当の怖さ」(4月16日中止)

本文

講演会「ヒアリに刺された男が語る外来生物の本当の怖さ」(4月16日中止)

記事ID:0026360 2020年3月26日更新 博物館 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

中止理由:新型コロナウイルス感染症拡大防止のため。

 ふじのくに地球環境史ミュージアム教授の岸本年郎氏が、ヒアリ(※)の生態や危険性を語るとともに、さまざまな侵略的な外来生物が生態系、経済、私たちの暮らしに、どのような影響を与えるのか、幅広く解説する講演会です。

(※)ヒアリは、平成29年5月、兵庫県で初めて確認されて以来、日本全国の港のコンテナターミナルなどで見つかり、令和元年10月には、東京で大量に発見されるなど、国内定着の恐れが強まっています。

イベント概要

開催期間

令和2年5月31日(日曜日)

開催時間 午後1時30分から午後3時
開催場所 名称 岐阜県博物館 けんぱくホール
所在地 関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)
電話番号 0575-28-3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ<外部リンク>
参加料

無料
※ただし、博物館本館の展示を観覧される場合には、所定の入館料(一般340円、大学生110円、高校生以下無料)が必要です。

定員 120名
申込方法
  1. 岐阜県博物館ホームページ
    申込みフォームからお申込みください。
  2. 電話(0575-28-3111)
    電話にて受講希望の講座名、連絡先(電話番号)、参加申込者全員の氏名をお伝えください。
    ※休館日以外の午前8時30分から午後5時15分

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:264KB)

問い合わせ先

所属 岐阜県博物館
電話 直通:0575-28-3111
内線:306
FAX 0575-28-3110
メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp
<外部リンク>