ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2019年度 > 2019年12月 > 県内初の共生社会ホストタウンの登録

本文

県内初の共生社会ホストタウンの登録

 県と岐阜市は、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が実施する「共生社会ホストタウン」事業にカナダ(パラ陸上)を相手国として共同で応募し、県内で初めて登録されましたので、お知らせします。
 加えて、岐阜市は、スロバキア(パラ卓球・ボッチャ)を相手国とした共生社会ホストタウンに登録されました。

登録案件

岐阜県、岐阜市〔相手国〕カナダ(パラ陸上)
※カナダ陸上競技連盟パラリンピック陸上チームの事前合宿を岐阜メモリアルセンターで実施。また、パラリンピアンと児童生徒との交流等を予定。

登録日 令和元年12月17日(火曜日)
発表資料 報道発表資料(PDF:146KB)

共生社会ホストタウンの概要

障がいのある海外の選手たちを迎えることをきっかけに、ユニバーサルデザインの街づくり及び心のバリアフリーに向けた取組みを加速させるとともに、パラリンピアンと住民が触れ合うことで、地域におけるパラリンピックに向けた機運を醸成するため、平成29年11月に創設。
今回新たに28件が追加登録され、全国で65件登録。

問い合わせ先

所属 地域スポーツ課スポーツ交流係
電話

直通:058-272-1836
内線:2948

FAX 058-278-2604

メール

c11172@pref.gifu.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>