ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2019年度 > 2019年12月 > 在留資格制度に関する行政職員向け研修会を飛騨地域で初めて開催

本文

在留資格制度に関する行政職員向け研修会を飛騨地域で初めて開催

在留資格制度に関する行政職員向け研修会を飛騨地域で初めて開催します

本年4月に新たな在留資格「特定技能」が創設されるなど、外国人労働者を取り巻く環境は変化を続けており、現時点で外国人労働者が多くない地域においても、今後、その増加が見込まれています。
県では、名古屋出入国在留管理局との「連携協定」に基づき、在留資格制度全般について行政職員が広く学ぶための研修会を、下記のとおり、飛騨地域で初めて開催します。

1日時
 令和元年12月19日(木曜日)13時30分ー15時30分
2場所
 岐阜県飛騨総合庁舎中会議室(高山市上岡本町7-468)
3出席者
 飛騨地域の各市村及び県機関の国際交流業務担当職員や、日頃の窓口業務等で外国人と接する機会がある職員(14名程度)
4講師
 名古屋出入国在留管理局と県が本年10月に締結した「外国人材受入れ・共生に関する連携協定」に基づき、同局から講師を派遣していただきます。

発表資料 報道発表資料(PDF:126KB)

問い合わせ先

所属 外国人活躍・共生社会推進課外国人活躍推進係
電話 直通:058-272-1476
内線:3353
FAX 058-278-2562
メール c11176@pref.gifu.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>