ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2019年度 > 2019年12月 > 「小村雪岱スタイル江戸の粋から東京モダンへ」展の開催について

本文

「小村雪岱スタイル江戸の粋から東京モダンへ」展の開催について

岐阜県現代陶芸美術館では、展覧会「小村雪岱スタイル江戸の粋から東京モダンへ」を下記のとおり開催します。
大正から昭和初期にかけて装幀、挿絵、版画、舞台美術などで活躍し、東京のモダンを体現した「意匠の天才」である小村雪岱(1887から1940)の作品を中心に、「江戸の粋」の系譜を生み出した鈴木春信らの作品、柴田是真の漆芸や並河靖之の七宝などの明治工芸の数々、さらには彼らの遺伝子を引き継ぐ現代作家の作品を展示します。

イベント概要

会期 令和元年12月21日(土曜日)から令和2年2月16日(日曜日)
10時00分から18時00分(入場は17時30分まで)
※会期中、一部展示替え有
休館日 月曜日(ただし1月13日は開館)、年末年始(12月29日から1月3日)、1月14日
場所 当館ギャラリーI
観覧料 一般900円(800円)、大学生700円(600円)、高校生以下無料
※()内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
主催 岐阜県現代陶芸美術館
共催 中日新聞社
協力 清水三年坂美術館
監修 山下裕二(明治学院大学教授)
企画協力 広瀬麻美(浅野研究所)

報道発表資料

発表資料 報道発表資料(PDF:498KB)

問い合わせ先

所属 現代陶芸美術館
電話 直通:0572-28-3100
FAX 0572-28-3101
メールアドレス c21802@pref.gifu.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>