ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2019年度 > 2019年12月 > けんぱく・関市連携企画展示「関市の文化財―埋蔵文化財・仏教美術―」

本文

けんぱく・関市連携企画展示「関市の文化財―埋蔵文化財・仏教美術―」

記事ID:0024239 2019年12月6日更新 博物館 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

関市には、多数の貴重な文化財があります。今回はその中から埋蔵文化財と仏教美術に注目して紹介します。

埋蔵文化財については、近年の関市内の遺跡の発掘調査成果を、
仏教美術については、国指定重要文化財「木造菩薩坐像」や「日竜峯寺多宝塔」の内部の壁画模写などを展示します。

ぜひ、ご来場ください。

イベント概要

開催期間 令和元年12月10日(火曜日)から令和2年3月15日(日曜日)
開催時間 午前9時30分から午後4時30分(ただし、入館は午後4時まで)
開催場所 名称 岐阜県博物館 本館4階 特別展示室
所在地

関市小屋名1989(岐阜県百年公園内)

電話番号 0575-28-3111
ホームページ 岐阜県博物館ホームページ<外部リンク>
入館料 一般340円、大学生110円、高校生以下無料

報道発表資料

発表資料 報道発表資料[PDFファイル/277KB]

問い合わせ先

所属 岐阜県博物館
電話 直通:0575-28-3111
内線:302
FAX 0575-28-3110
メールアドレス c21804@pref.gifu.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>