ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2019年度 > 2019年12月 > 第10回岐阜県小児在宅医療研究会(開催案内)

本文

第10回岐阜県小児在宅医療研究会(開催案内)

第10回岐阜県小児在宅医療研究会を開催します

 医療的ケアを要する重症心身障がい児者が年々増加し、その多くが在宅生活を送るようになっています。県では、その支援に携わる医療、看護、福祉、教育、行政等の関係者が一堂に会し、課題の共有とその解決に向けて知恵を出し合うとともに、相互に交流できる関係づくりを目指し、平成25年度から岐阜県小児在宅医療研究会を開催しています。
 第10回目となる今回は、「小児在宅医療における地域連携支援、それぞれの役割について」をテーマに、基調講演では、埼玉医科大学総合医療センター小児科講師(元厚生労働省医政局地域医療計画課在宅医療推進室長補佐)の奈倉道明先生より、小児在宅医療の現状と今後についてご講演いただきます。またシンポジウムでは、小児在宅医療に携わる多職種の支援者等がその取組みについて発表を行います。

概要

研究会名 第10回岐阜県小児在宅医療研究会
開催日 令和元年12月8日(日曜日)13時30分から17時
開催場所 名称 岐阜県立看護大学
所在地 羽島市江吉良町3047-1
参加料 無料(当日参加も可能)
参加者数 約200名
主催 岐阜県
後援 岐阜県医師会、岐阜県小児科医会、岐阜県歯科医師会、
岐阜県薬剤師会、岐阜県看護協会、岐阜県特別支援学校長会
添付資料 開催案内チラシ[PDFファイル/1.2MB]

報道発表資料

発表資料 報道発表資料[PDFファイル/248KB]

問い合わせ先

所属 医療福祉連携推進課課障がい児者医療推進係
電話 直通:058-272-8279
内線:2628
FAX 058-278-2871
メールアドレス c11230@pref.gifu.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>