ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2021年度 > 2022年1月 > 「外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」普及セミナー参加者募集

本文

「外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」普及セミナー参加者募集

「外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」普及セミナーの参加者を募集します

 少子高齢化の進行により労働力が減少するなか、外国人労働者は経済活動を支える大きな力となっています。一方、2020年から世界中で新型コロナウイルス感染症が広がり出入国制限がかかるなか、外国人雇用の現場においては、感染症対策のほか、働きがいのある職場づくりが求められています。

 このたび、東海4県1市では、これからの外国人雇用と多文化共生を考える機会として、下記セミナーを開催します。

 すでに外国人を雇用されている方、これから雇用について考えたい方、さらには地域で外国人支援に携わる方など、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー概要

テーマ 今のうちに知っておきたい 外国人も働きやすい職場づくりに向けて
日時 令和4年2月9日(水曜日)13時30分から15時50分
参加形式 オンライン形式(Web会議システムZoomを使用)
内容

<外国人雇用・労働セミナー(13時35分から14時45分)>

 特定技能制度、企業との連携事例、公的な支援策など、主に企業に向けた実用的な情報を提供します。

 ・名古屋出入国在留管理局

 ・独立行政法人 国際協力機構(JICA)

 ・中部経済産業局

<東海地方の事例紹介(14時55分から15時45分)>

 外国人を雇用した経緯、成功談・失敗談、職場で工夫している点など、参考にしていただきたい事例を企業の方が語ります。

 ・三重県:エイ・シー工業株式会社

 ・愛知県:株式会社 菅原設備

参加費 無料
申込方法

下部URLまたは、チラシQRコードにインターネットにてアクセスしてお申し込みください。

締切は2月4日(金曜日)です。

   https://zoom.us/webinar/register/WN_gCGuttJrSZaie_DuCRVPIA

問い合わせ先

三重県環境生活部 ダイバーシティ社会推進課 多文化共生班

電話:059-222-5974 メール:tabunka@pref.mie.lg.jp

主催・共催・後援

主催:三重県

共催:岐阜県、静岡県、愛知県、名古屋市

後援:名古屋出入国在留管理局、独立行政法人国際協力機構(JICA)、中部経済産業局、三重労働局、    

   三重県商工会議所連合会、三重県商工会連合会、三重県経営者協会、三重県中小企業団体中央会

参考

【外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章】

 東海3県1市(岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市)では、地元経済団体の協力のもと、平成20年1月に「外国人労働者の適正雇用と日本社会への適応を促進するための憲章」を策定しました。平成24年に2月には静岡県も独自に同趣旨の憲章を策定しており、東海4県1市ではこれらの普及を通じて、外国人労働者が働きやすい職場環境の確保等を促進しています。当該憲章を普及する取組みの一つとして本セミナーを開催します。

添付資料

報道発表資料 [PDFファイル/185KB]

チラシ [PDFファイル/400KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>