ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2021年度 > 2021年7月 > 日本最古の恐竜卵殻化石を確認 県博物館より

本文

日本最古の恐竜卵殻化石を確認 県博物館より

 昭和63年(1988年)以降に、高山市荘川町に分布する手取層群で発見されていた複数の卵殻化石について、令和元年度(2019年度)から岐阜県博物館が研究を開始し、その後、筑波大学、千葉県立中央博物館などと共同調査・研究を行った結果、国内最古の「恐竜類の卵殻化石」であることを確認しました。

報道発表資料

発表資料

報道発表資料 [PDFファイル/224KB]

岐阜県博物館調査研究報告会資料 [PDFファイル/1.58MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>