ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2021年度 > 2021年5月 > 1893年のシカゴ博に出品された陶製「陽明門」の一部が発見されました 県博物館より

本文

1893年のシカゴ博に出品された陶製「陽明門」の一部が発見されました 県博物館より

記事ID:0151077 2021年5月10日更新 博物館 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

 現中津川市に生まれた明治時代の名工・成瀬誠志が制作した陶製「陽明門」の一部が滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場で発見されました。5月14日(金曜日)に滋賀県立陶芸の森陶芸館にて一般公開され、その際に同試験場で発見された陶片と中津川市の陶片の説明会が開催されます。

報道発表資料

発表資料 報道発表資料 [PDFファイル/348KB]

 

別添資料

別添資料

資料1 [PDFファイル/316KB]

資料2 [PDFファイル/1.19MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>