ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2021年3月 > 講演会「関ケ原の戦いと竹中重門」を開催

本文

講演会「関ケ原の戦いと竹中重門」を開催

概要

 岐阜関ケ原古戦場記念館が開催する講演会「関ケ原の戦いと竹中重門」の参加者を募集します。
 天下分け目の戦いといわれる関ケ原の戦いには、全国の名立たる武将が参戦したことが知られています。しかし、地元の武将の動向については意外に知られていません。
 この講演会では、豊臣秀吉の軍師として有名な竹中半兵衛の息子で関ケ原の領主となり、さらに関ケ原の戦いに東軍側で参戦して小西行長を捕らえた竹中重門の魅力に迫ります。
 また、現在開催中の特集展示「関ケ原の戦いと竹中重門」については、国の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の発出期間と重なったことから、会期を4月11日(日曜日)まで延長します。
1講演会「関ケ原の戦いと竹中重門」
日時:令和3年3月18日(木曜日)13時30分から15時まで<集合13時15分>

場所:岐阜関ケ原古戦場記念館 3階セミナールーム

内容:講演会「関ケ原の戦いと竹中重門」
    講師:岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員 山形隆司
    ※終了後、記念館内を見学することができます(グラウンド・ビジョン及びシアターの観覧を含みます。)。

定員:30名

参加費:無料 ※別途、入館料(一般500円、大学生・高校生300円、中学生以下 無料)が必要です。

申込み:記念館公式ホームページに掲載の応募フォームにて、お申込みください。先着順で受付けます。
※電話、FAXでの受付はいたしません。詳しくは、 記念館公式ホームページをご覧ください。
※いただいた個人情報は、本事業以外に使用しません。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては、変更・中止する可能性があります。

記念館公式ホームページ
2特集展示「関ケ原の戦いと竹中重門」 会期延長
日時:4月11日(日曜日)まで ※休館日を除く
    9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)

場所:岐阜関ケ原古戦場記念館 2階展示室3
     ※入館には、事前予約及び入館料が必要です。

内容:
(1)竹中重門の参戦 関ケ原の戦いにおける竹中重門の活躍をとり上げます。
(2)関ケ原の復興と領主・竹中重門 竹中重門が関ケ原の戦後復興に果たした役割を紹介します。

発表資料

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>