ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2021年2月 > 博物館と中学校をつないだオンライン授業を実施

本文

博物館と中学校をつないだオンライン授業を実施

 岐阜県博物館では、新型コロナウイルス感染症対策のため、実際に来館しなくても展示品の鑑賞や、学芸員の解説の聴講ができるオンライン授業を実施します。今回は中学生を対象に、現在開催中の特別企画展「みんなの恐竜学」の紹介や頭骨の模写体験を通して、郷土の化石についての学びを深めてもらいます。

概要

日時

令和3年2月9日火曜日 13時25分~15時15分

参加校・生徒

高山市立荘川中学校(高山市荘川町猿丸27) 全校生徒30名

内容

・特別企画展「みんなの恐竜学」の紹介

・恐竜の頭骨の模写体験(トレーシング体験)

通信方法 Web会議アプリZOOMを使用
問い合わせ先

岐阜県博物館 課長補佐兼教育普及係長 渡邉 寛樹

電話番号 0575-28-3111 内線305

荘川中学校 教諭 畑山 美恵 

電話番号 05769-2-2107

発表資料

 報道発表資料 [PDFファイル/208KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>