ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年12月 > 高山市奥飛騨温泉郷平湯地内における油流出事故

本文

高山市奥飛騨温泉郷平湯地内における油流出事故

 高山市奥飛騨温泉郷平湯地内において、油流出事故が発生しましたので、お知らせします。

1 端緒

 本日(12月24日)午前9時頃、住民から高山市消防本部を通じて飛騨県事務所に、高山市奥飛騨温泉郷平湯地内の水路から油臭がするとの通報があり、直ちに現地調査を実施しました。

2 原因者

 ・所在地  高山市奥飛騨温泉郷平湯138

 ・事業者名 穂高荘 山がの湯(ほだかそう さんがのゆ)

 ・業 種  旅館ホテル業

3 流出した油の種類及び流出量

 ・種類  灯油

 ・流出量 不明(現在調査中)

4 事故の原因

 タンクからボイラーへ灯油を送る制御盤の不具合により灯油が漏れ、場外の水路に流出しました。不具合の原因は調査中です。

5 事故の状況

 ・午前10時の時点において、現場から約500m下流にある水路で油臭が確認されましたが、更に下流の高原川(たかはらがわ)合流地点以降において、油膜は確認されませんでした。

 ・また、同時点において新たな油の流出はなく、魚類へい死等は確認されていませんが、引き続き水生生物への影響について監視を継続する予定です。

6 対応

 ・原因者がタンクのバルブを締めて油の流出を防止するとともに、高山市消防本部が午前9時40分頃に場内にオイルマット等を敷設し流出を防いでいます。

 ・また、古川土木事務所が午後3時30分頃に水路と高原川合流地点にオイルフェンス等を設置し、下流への流出を防いでいます。

 ・原因者に対し、再発防止策を講じるとともに事故報告書を提出するよう指導しました。

 
発表資料 報道発表資料( [PDFファイル/162KB])

問い合わせ先

 
所属 飛騨県事務所環境課
電話 0577-33-1111(220)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>