ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年12月 > 県内養鶏場の一斉消毒について(2回目)

本文

県内養鶏場の一斉消毒について(2回目)

県内養鶏場の一斉消毒を実施します(2回目)

 全国的な高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、県内養鶏場におけるウイルスのまん延防止に万全を期すための緊急措置として、再度県内養鶏場において一斉消毒を実施します。
 なお、本病のまん延防止のため、養鶏場及びその周辺での取材は控えていただきますようお願いします。

1 実施期間

 令和2年12月23日(水曜日)から令和3年1月29日(金曜日)まで

2 実施対象

 県内の養鶏場 130農場
(100羽以上を飼養する養鶏場その他家畜保健衛生所長が必要と認める養鶏場)

3 実施方法

 家畜保健衛生所の指導のもと、農場内(飼養舎周囲及び農場外縁部)への消石灰の散布を行います。(消石灰は県が準備し、各農家に配布します)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>