ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年12月 > 高山市西之一色町地内における油流出事故について

本文

高山市西之一色町地内における油流出事故について

 高山市西之一色町地内において、油流出事故が発生しましたので、お知らせします。

1 端緒

 本日(12月18日)午前9時50分頃、住民から高山市を通じて飛騨県事務所に、高山市西之一色町地内の苔川(すのりがわ)周辺から油臭がするとの通報があり、直ちに現地調査を実施しました。

2 原因者

 ・所在地  高山市西之一色町2-180

 ・事業者名 株式会社高山グリーンホテル

 ・業 種  旅館ホテル業

3 流出した油の種類及び流出量

 ・種類  A重油

 ・流出量 不明(現在調査中)

4 事故の原因

 地下タンクから地上サブタンクへ重油を送るポンプ、又は地上サブタンクの流入量を計測するセンサーの不具合により、地上サブタンクからオーバーフローした重油が苔川に流出しました。不具合の原因は調査中です。

5 事故の状況

 ・午前10時の時点において、苔川下流約1.5kmの観月橋(かんげつばし)付近において油膜を確認しましたが、さらに下流では油膜は確認されませんでした。

 ・午前11時時点において新たな油の流出はなく、魚類へい死等は確認されていませんが、引き続き水生生物への影響について監視を継続する予定です。

6 対応

 ・原因者が重油タンクの稼働を停止し油流出を防止するとともに、高山市消防本部が午前10時10分頃に苔川につながる水路にオイルマット等を敷設し、下流への流出を防いでいます。

 ・既に流出した油については、高山土木事務所が午後0時頃にオイルフェンス等を設置し、下流への流出を防いでいます。

 ・原因者に対して、再発防止策を講じるとともに事故報告書を提出するよう指導しました。

 
発表資料 報道発表資料([PDFファイル/161KB]

問い合わせ先

 
所属 飛騨県事務所環境課
電話 0577-33-1111(220)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>