ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年12月 > 「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション」展の開催について

本文

「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション」展の開催について

埼玉県朝霞市で若手芸術家たちの制作活動支援を行っている「丸沼芸術の森」は、その優れたコレクションでも広く国内外に知られています。

本展では「丸沼芸術の森」コレクションより、若手作家たちの創作の養分とするべく収集された、アンドリュー・ワイエスの水彩・素描を中心とする絵画コレクション、設立者の芸術志向のきっかけとなった陶芸コレクションの中心を成す、加藤孝造をはじめとする現代の陶芸作品、芸術の森で制作活動の支援を受けた村上隆や入江明日香ら気鋭の作家たちの現代美術を一堂に展示します。アーティストを支え、アートによって社会を豊かにしようと活動を続ける「丸沼芸術の森」の、芸術に対する純粋な情熱を、これらの多彩なコレクションにより紹介します。

展覧会情報

 
会期 令和3年1月5日(火曜日)から3月14日(日曜日)
休館日 月曜日(ただし1月11日(月・祝)は開館)、1月12日(火曜日)
会場 岐阜県現代陶芸美術館ギャラリー1・2
観覧料

一般1,000円(900円)、大学生800円(700円)、高校生以下無料

*( )内は前売り・20名以上の団体料金

*以下の手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料

身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証

*前売りチケットは、岐阜県現代陶芸美術館、中日新聞販売店、チケットぴあ(Pコード:685-446)にて販売。(販売期間:11月21日(土曜日)~令和3年1月4日(月曜日))

主催 岐阜県現代陶芸美術館・中日新聞社
特別協力 丸沼芸術の森
協賛 加藤智子氏
協力

JR東海

新型コロナウイルス感染症対策について

当館では現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、以下のとおり制限を設けて開館しております。

ご来館の際には、皆様が安全にご観覧いただけますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。なお詳細については、当館ホームページにてご確認いただけます。 

〇入館受付

・入館時に検温を実施します。37.5℃以上のお客様は入館できません。

・入館における注意事項の確認及び岐阜県感染警戒QRシステムへの登録にご協力をお願いいたします。

〇館内での留意点

・飛沫感染防止のため、マスクを着用いただくとともに、他のお客様と2m以上の間隔をあけてご観覧ください。また、展示室内での会話はなるべくお控えください。

・接触感染防止のため、作品や壁、展示ケースには触れないようお願いします。

・手指の消毒、こまめな手洗いをお願いします。

報道発表資料

報道発表資料 [PDFファイル/337KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>