ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 報道発表 > 2020年度 > 2020年12月 > 博物館図書館連携企画展「千磨百錬 よみがえる赤羽刀」を開催

本文

博物館図書館連携企画展「千磨百錬 よみがえる赤羽刀」を開催

記事ID:0112062 2020年12月15日更新 博物館 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

「赤羽刀」とは、第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって接収された刀剣のうち、元所有者不明のため博物館等に無償譲与された日本刀のことです。東京赤羽のアメリカ軍第八軍兵器補給廠(ほきゅうしょう=倉庫)に保管されていたことからこう呼ばれています。平成11年(1999)に国を通じて譲与された3,209点のうち岐阜県博物館は168点を受領し、錆びつき、鞘を失った状態から、順次、研磨、外装の整備をしてきました。このたび、令和元年度までに研磨が終了した48点を2回に分けて展示します。

イベント概要

主な内容

平成11年(1999)に国を通じて譲与された赤羽刀3,209点のうち岐阜県博物館は168点を受領し、錆びつき、鞘を失った状態から、順次、研磨、外装の整備をしてきました。このたび、令和元年度までに研磨が終了した48点を2回に分けて展示します。

開催期間 令和3年1月19日(火曜日)から令和3年3月14日(日曜日)
開催時間

10時00分から18時00分

開催場所 名称 岐阜県図書館
所在地 岐阜市宇佐4-2-1
問い合わせ電話番号

0575‐28‐3111(博物館)

058-275-5111(図書館)

ホームページ 岐阜県博物館ホームページ<外部リンク>
入館料

不要

報道発表資料

発表資料 報道発表資料 [PDFファイル/217KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>