ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2020年 > 2020年6月 > 岐阜県大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会協賛金に対する感謝状を贈呈

本文

岐阜県大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会協賛金に対する感謝状を贈呈

記事ID:0027734 2020年6月10日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

2020年6月10日(水曜日)

知事と感謝状を手にする株式会社大垣共立銀行の境頭取(右)

 

 

 

 

 

 

大河ドラマ「麒麟がくる」のドラマ館3館に設置するコインロッカーの整備費として、株式会社大垣共立銀行から、岐阜県大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会に協賛金100万円が贈呈され、10日に受領式と感謝状贈呈式が行われました。
 協議会長の古田知事は、「大河ドラマの休止期間中もファンがコインロッカーを見に来てくれるでしょう。」と述べました。
 ロッカーには、イラストレーターの長野剛さんが手掛けた、ドラマの主人公「明智光秀」の迫力あるイラストが描かれ、岐阜市、可児市、恵那市にあるドラマ館でそれぞれ17日から利用できます。

問い合わせ先

観光企画課
電話番号:058-272-8795 / FAX:058-278-2674 / メール:c11334@pref.gifu.lg.jp

前の記事 次の記事

<外部リンク>