ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2022年 > 2022年6月 > 第14回学生金型グランプリで金賞を受賞した岐阜大学の学生チームが知事に結果報告

本文

第14回学生金型グランプリで金賞を受賞した岐阜大学の学生チームが知事に結果報告

記念撮影の様子 金型製作の技術を競う、第14回学生金型グランプリに出場した岐阜大学の学生チームが6月7日、古田知事に金賞の受賞を報告しました。
 県庁を訪れたのは、岐阜大学大学院1年の河瀬彩未さん、紀藤優介さん、小栗理史さんの3人です。
 4月に大阪で行われた大会は、長さ20mm・幅10mm・高さ8mmの箱形の作品を作るための金型の設計と製作の技術を競うもので、岐阜大学チームは最高賞にあたる金賞と(一財)産業デザイン賞 に輝きました。
 地域連携スマート金型技術研究センターで学んだ 学生たちは、加工量が少なく、軽く小さい金型を目指して構造や製造方法を検討したことや、厚さが0.3mmと薄いので割れないように成型するのに苦労したことなどを説明しました。
 古田知事は、「航空宇宙産業、自動車産業が盛んな岐阜は金型製作の集積地です。これからも加工技術のトップリーダーとして頑張ってください」と激励しました。
(担当:産業技術課

<外部リンク>