ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2022年 > 2022年6月 > 豪雨災害対応防災訓練を実施

本文

豪雨災害対応防災訓練を実施

 訓練の様子出水期を前に風水害への対応手順やこれまでの豪雨災害の検証結果に基づく対応策等を確認する訓練を、6月1日、県庁で行いました。
 この訓練は、前線の停滞により県内に雨が降り続き、さらなる雨の影響で土砂崩れの発生が懸念されるとの想定で行われ、県と市町村、自衛隊など関係機関の方をあわせ約450名が参加しました。
 災害情報集約センターでは、市町村がシステムに入力した避難情報を確認するなどの災害対応手順を確認したことに加え、新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難対策や令和3年8月の大雨災害等の検証結果を踏まえた対応策についても、より実践に近い形で訓練しました。
 古田知事は、「災害対応にこれで十分ということはない。豪雨災害は毎年発生するという緊張感のもとで、市町村や関係機関と連携し、防災体制の強化に一段と努めていただきたい」と訓示しました。
(担当:防災課

<外部リンク>