ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2021年 > 2021年10月 > 「清流の国ぎふ」SDGs推進ネットワーク リーディング会員認定証授与式

本文

「清流の国ぎふ」SDGs推進ネットワーク リーディング会員認定証授与式

記事ID:0182605 2021年10月19日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

記念撮影の様子 県内におけるSDGs推進のリーダー役を担ってもらおうと、県は、取り組みが顕著な企業などをリーディング会員に認定しました。
 10月14日、県庁で、6つの企業と団体の代表者に古田知事から認定証を手渡しました。
 リーディング会員の認定を受けた株式会社十六銀行の石黒明秀取締役頭取は、「県に拠点を置く金融機関として、当行が有するネットワークを十分に生かして、地域のSDGs推進に役立つように頑張りたい」と抱負を語りました。
 古田知事は、「みなさんから力強い決意を話していただき、頼もしく思いました。引き続きリーダーとしてご活躍をお願いします」と激励しました。
 認定を受けたリーディング会員は、今後、SDGsの課題を抱える企業などに助言を行うほか、県とともに普及啓発の活動を行います。
(担当:清流の国づくり政策課

<外部リンク>