ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2021年 > 2021年9月 > 大野町とイビデン株式会社が大野神戸インターチェンジ周辺まちづくり整備事業に係る基本協定を締結

本文

大野町とイビデン株式会社が大野神戸インターチェンジ周辺まちづくり整備事業に係る基本協定を締結

記事ID:0176537 2021年9月14日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

 協定締結式の様子揖斐郡大野町にイビデン(株)が新たな工場を建設することとなり、9月10日、県庁で協定締結式が行われました。
 この事業では、東海環状自動車道の大野神戸インターチェンジ周辺の用地を大野町が造成したのち、イビデン(株)に引き渡し、工場用地として活用します。
 イビデン(株)の青木武志代表取締役社長は「地元経済の発展や地元雇用の促進を図り、社会の発展に貢献できるように尽力したい」と話しました。
 同席した古田知事は「国家戦略となる物資をこの地域で作ることができる。岐阜県経済だけではなく、国の経済全体にもインパクトの大きい事業だ。」と期待を寄せました。
(担当:企業誘致課

<外部リンク>