ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2021年 > 2021年9月 > 東京2020オリンピックフェンシング日本代表 田村選手と辻󠄀選手が結果報告

本文

東京2020オリンピックフェンシング日本代表 田村選手と辻󠄀選手が結果報告

 記念撮影の様子東京2020オリンピックフェンシングで女子サーブル団体5位に入賞した田村紀佳選手と女子フルーレ団体6位に入賞した辻󠄀すみれ選手が、9月6日、県庁を訪れました。
 今大会の結果を受けて、古田知事から「清流の国ぎふ栄誉賞」を贈りました。
 田村選手は朝日大学の出身で、後輩にあたる辻󠄀選手は現在朝日大学4年生です。両選手ともに今回がオリンピック初出場となりました。
 古田知事は「日本のフェンシング界をさらに引っ張っていただいて、また次の活躍を大いに期待しています。」と話しました。
(担当:競技スポーツ課

<外部リンク>