ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2020年 > 2020年12月 > 岐阜スゥープスの関係者が来庁

本文

岐阜スゥープスの関係者が来庁

記事ID:0118937 2020年12月21日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

田中昌寛代表取締役兼選手、田中聡ヘッドコーチ、アレックス フロレスカ選手 バスケットボール男子B3リーグに参戦している岐阜市のプロバスケットチーム・岐阜スゥープスの関係者が、12月16日、県庁を訪れ、新シーズンの開幕を前に意気込みを語りました。
 那須史明社長は、「昨シーズンの成績は、12チーム中11位と振るわなかったが、観客動員数はリーグ2位と増えており、地域の皆さんに徐々に認められつつあります」と現状を報告しました。
 また、新シーズンについて、田中昌寛選手は「まず勝率5割を目指し、チームの進化につながる戦いをしたい」と話しました。
 岐阜スゥープスの初戦は来年1月16日で、トライフープ岡山と対戦します。
(担当:競技スポーツ課


前の記事 次の記事

<外部リンク>