ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2020年 > 11月 > ブランド柿「天下富舞」の生産者らが今年の出来を知事に報告

本文

ブランド柿「天下富舞」の生産者らが今年の出来を知事に報告

記事ID:0111216 2020年11月11日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

古田知事と生産者ら 岐阜県特産の柿の高級ブランド「天下富舞(てんかふぶ)」の今年の販売が始まり、生産者の方々が11月11日、県庁を訪れ、古田知事に今年の出来を報告されました。
 「天下富舞」は高い糖度が特徴で、「条紋(じょうもん)」と呼ばれる表面の模様の部分が多いと、特に甘みを感じるということです。
 10月の初取引では、その中でも「天下人」と名付けられた糖度25度以上の最高等級品が2個80万円(税抜)で取引されました。
 生産者は「今年は去年より糖度がぐんと上がっています。」と知事に説明されました。
 知事は「引き続き、天下富舞を岐阜県の高級ブランドとして磨いていきましょう。」と話しました。
(担当:農産園芸課


前の記事 次の記事

<外部リンク>