ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政ホットニュース > 2020年 > 10月 > 岐阜関ケ原古戦場記念館がオープン

本文

岐阜関ケ原古戦場記念館がオープン

記事ID:0107780 2020年11月2日更新 広報課 印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示

記念式典であいさつをする古田知事 「岐阜関ケ原古戦場記念館」が、420年前、関ケ原の戦いが起きた10月21日(慶長5年9月15日)にオープンしました。
 同日開催した記念式典で古田知事は「関ケ原は、誰もが知っているのに、ほとんどの方が行ったことがないブランドだったが、磨き上げて岐阜県の新しい魅力としてアピールしていこうと取り組みを始めた。この記念館が広域的な武将観光の新しい拠点として、多くの方に愛されるようになってほしい。」とあいさつしました。
 また、記念館のアンバサダーを務める俳優の竹下景子さんに、古田知事から委嘱状が手渡されました。
 テープカットのあと、式典の出席者は、大迫力の映像を楽しめるシアターや、合戦当時の様子をうかがい知ることができる武具や書簡といった展示物などを興味深そうに見て回り、古戦場全体を見渡せる5階の展望室からは参戦武将の陣跡を探すなど、当時に思いを馳せていました。
 このほか、館内には、左官の挾土秀平さんが手がけた土壁が設置されています。土壁には、家康と三成の旗印をイメージした図柄があしらわれ、来館者を出迎えます。
 岐阜関ケ原古戦場記念館は、毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)と年末年始を除く毎日、朝9時から夕方5時まで開館しています(入館は夕方4時30分まで)。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当面の間、入館には事前の予約が必要です。
(担当:関ケ原古戦場整備推進課岐阜関ケ原古戦場記念館


前の記事 次の記事

<外部リンク>