ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 岐阜県 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > お知らせ > 事業者の皆さまへ > 【緊急事態措置期間延長】岐阜県 新型コロナ休業・時短営業の要請に関する情報について

本文

【緊急事態措置期間延長】岐阜県 新型コロナ休業・時短営業の要請に関する情報について

 令和3年8月25日(水曜日)に本県が「緊急事態措置区域」に指定されたことを受け、岐阜県新型コロナウイルス感染症第30回対策協議会・第42回対策本部本部員会議において、「緊急事態措置区域の指定を受けて」を決定し、対象事業者の皆様におかれましてはご協力いただいているところです。 
 令和3年9月9日(木曜日)の政府決定により、本県に対する緊急事態措置が令和3年9月30日(木曜日)まで延長されたことを受け、本県の現行の措置「緊急事態措置区域の指定を受けて(令和3年8月25日県対策本部決定)を同日まで延長いたします。
 対象事業者の皆様におかれましては、引き続きご協力お願いいたします。

要請内容について

 
根拠法令 まん延防止等重点措置(特措法第31条の6第1項) 緊急事態措置(特措法第45条の第2項)
要請期間 令和3年8月20日(金曜日)~令和3年8月26日(木曜日) 令和3年8月27日(金曜日)~令和3年9月12日(日曜日)
<期間延長>
令和3年9月13日(月曜日)~令和3年9月30日(木曜日)
対象地域 (重点措置を講じるべき区域)15市町
岐阜市、羽島市、各務原市、山県市、瑞穂市、本巣市、岐南町、笠松町、北方町、大垣市、美濃加茂市、可児市、御嵩町、多治見市、中津川市
県内全域
要請内容 (重点措置を講ずるべき区域)
・営業時間の短縮(5時~20時まで)
・酒類の提供(酒類の店内持ち込み含む)を行わないこと
・飲食を主とする店舗においては、カラオケ設備の利用自粛
・酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等に対し休業要請
※飲食業の許可を受けていないカラオケ店及び利用者による酒類の持ち込みを認めている飲食店を含む
・上記以外の飲食店に対し、営業時間の短縮要請(5時~20時まで)
※酒類及びカラオケ設備の提供を行わないこととする飲食店等を含む
対象施設 ・飲食店
飲食店(居酒屋を含む。)、喫茶店等
(宅配、テイクアウトサービスを除く。結婚式場は飲食店と同様の扱い)
・遊興施設等
バー等で、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗(ネットカフェ、マンガ喫茶等、夜間の長期滞在を目的とした利用が相当程度見込まれる施設を除く。)
・飲食店
飲食店(居酒屋を含む。)、喫茶店等
(宅配、テイクアウトサービスを除く。結婚式場は飲食店と同様の扱い)
・遊興施設等
バー等で、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗(ネットカフェ、マンガ喫茶等、夜間の長期滞在を目的とした利用が相当程度見込まれる施設を除く。)
・飲食業の許可を受けていないカラオケ店舗
協力金 ※全期間要請に応じた場合のみ協力金を支給します。 ※全期間要請に応じた場合のみ協力金を支給します。
「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第7弾)」
(重点措置を講じるべき区域)
•中小企業:1日あたり3万円~10万円(売上規模に応じて支給。1店舗当たり1日換算)
•大企業:1日あたり売上高の減少額×0.4(上限20万円。※中小企業もこの方式を選択可)

「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第7弾)」
•中小企業:1日あたり4万円~10万円(売上規模に応じて支給。1店舗当たり1日換算)
•大企業:1日あたり売上高の減少額×0.4(上限20万円。※中小企業もこの方式を選択可)
•飲食業の許可を受けていないカラオケ店:1日2万円

・8月20日以前の要請内容については下記のリンク先をご覧ください。
【令和3年8月17日以降】岐阜県 新型コロナ時短営業に関する情報について

・大規模施設に関する時短要請等については下記のリンク先をご覧ください。
 大規模施設への営業時間の短縮要請について
・協力金の申請などについては、下記のリンク先をご覧ください。
「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第7弾)」(申請方法等)
※業種別ガイドライン及び「コロナ社会を生き抜く行動指針」を遵守のうえ、「新型コロナ対策実施店舗向けステッカー」を取得、掲示していることが協力金支給の要件となります。詳細については以下の参考より各リンク先をご覧ください。 

その他

【緊急事態における措置】
(結婚式場)
・結婚式場におかれましては、できるだけ短時間(例えば1.5時間以内)、なるべく少人数(参加人数50人又は収容店員50%のいずれか小さい方)で開催をお願いします。
(旅館・ホテル等)
・宿泊施設においては宿泊客が利用する食堂や部屋食などを提供(酒類提供を含む)については、要請の対象外です。ただし、日帰り客等の宿泊者以外も利用するレストラン等での飲食の提供(酒類提供を含む)は、要請の対象となりますので、終日休業(酒類やカラオケ設備を提供しない場合、午後8時までの時短営業)いただくようお願いします。
 なお、宿泊客、日帰り客に限らず、カラオケ設備の提供は自粛願います。

 

参考:業種別ガイドライン

「ステッカー見本」

ステッカー

 問い合わせ

営業時間短縮の協力要請及び協力金(第7弾)に関するよくある質問と回答:時短要請に関するQ&A [PDFファイル/576KB]
飲食店に対する要請及び要請に係る協力金についてその他の問い合わせは、下記コールセンターへお願いします。

コール

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>