ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「市民公開講座(リニア中央新幹線と岐阜県のまちづくりを考える)」を開催しました!

 リニア中央新幹線の開業を見据え、リニア中央新幹線とリニアを活かしたまちづくりについて各界の関係者が集い、共に考えることを目的に、平成24年11月8日(木曜日)グランヴェール岐山において、約250人の方にご参加いただき、「市民公開講座(リニア中央新幹線と岐阜県のまちづくりを考える)」を、公益社団法人岐阜県不動産鑑定士協会との共催により開催しました。

 

概要

開催日

 平成24年11月8日(木曜日)13時20分から16時40分

場所

 グランヴェール岐山(2階カルチャーホール)

参加人数

 約250名

概要

・開会あいさつ

 開会あいさつ

 

・基調講演

 テーマ:東海経済の展望とリニア効果を活かした観光産業の可能性

 講師:内田俊宏(うちだとしひろ)エコノミスト三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)

 講演状況

 

・まちづくり研究発表

 テーマ:新駅効果と地価動向の調査報告

 発表者:岐阜県不動産鑑定士協会会員

 

・パネルディスカッション

 テーマ:リニア効果を活かすまちづくりの課題と方向性

 コーディネーター:竹内伝史(たけうちでんし)岐阜大学名誉教授・工学博士

 パネリスト(五十音順)

 内田俊宏(うちだとしひろ)三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)

 鎌田満(かまだみつる)恵那市観光協会会長

 丸山輝城(まるやまてるき)中津川商工会議所会頭

 水野雅文(みずのまさふみ)岐阜県不動産鑑定士協会会長

 パネルディスカッションの状況