ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

伊奈波神社

建物の写真

建築物名称 伊奈波神社
種別 神社・寺院
所在地 岐阜市伊奈波通り1の1
所有者
建築時期 昭和8年
建造規模
屋根
外壁  
内覧の可否 条件付可
内覧についての特記事項

一部非公開(本殿等に関しては、内部への立入りは不可外部からの参拝のみ)

問い合わせ先 伊奈波神社058‐262‐5151
位置概要

地図

 

概要

中世には美濃国三宮と称したといい、天文八年(1539年)斎藤道三が伊奈波山城を築城する時、椿原(つばきはら)から現在地に移され、永禄10年(1567年)に織田信長によって衰微していた祀典の復興が行なわれた。明治24年(1891年)の濃尾震災により消失。現在の建物は昭和8年(1933年)に再建されたものである。

岐阜市都市ブランド調査(H16岐阜市)史跡名勝において高い評価を受けている。