ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

特定天井耐震改修工事補助制度

特定天井耐震改修工事補助制度について

 平成23年の東日本大震災では、体育館や劇場、商業施設、工場などの大規模空間を有する建築物のうち、比較的新しい建築物も含めて天井が脱落する被害が発生しました。
また、平成26年4月1日に国土交通省は、天井脱落対策に係る基準を新たに定め、「脱落によって重大な危害を生ずるおそれのある天井」(特定天井)について、新築建築物等への適合を義務付ける建築基準法施行令の一部改正などを行いました。
このような中、建物の安全性を確保するために既存の建築物について、国土交通省の社会資本整備総合交付金事業(住宅・建築安全ストック形成事業)を活用し、天井脱落対策に係る改修工事等を実施する当該民間建築物の所有者に補助金を交付する補助制度を創設しました。

 

 

特定天井とは

特定天井とは、以下のすべてに該当するもの

 

 1高さ6メートルを超える天井の部分

 2天井の水平投影面積が200平方メートルを超えるもの

 3天井面構成部材等の単位面積質量(天井面積1平方メートル当たりの質量をいう。)が2kgを超えるもの

 4居室、廊下その他、人が日常立ち入る場所に設けられるもの

 

 

補助制度

特定天井耐震改修工事補助制度は→こちら