ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜県水道事業/水道用水供給事業

安定供給のために

岐阜東部水道事業経営改革検討委員会

県営水道が供給する岐阜東部地域の住民にとって、より多くの便益が期待でき、社会的な要請にも応えうる方向で県及び市町ともメリットを共有できる方策を検討することを目的として開催しました。委員会では岐阜東部の地域の水道事業においては、地域の特性をふまえ、自然・社会・事業環境が変化しても「持続可能で自立した安定供給体制の確立」を目指すこととし、以下のような提言を受けました。

・統合(一元化)

 水道用水供給事業と水道事業の統合(一元化)による広域的体制の確立

・民間的経営手法の活用

 第三者委託制度を見据えた戦略的アウトソーシングの積極的導入

・危機管理の強化

 地震等の災害時における事業者間での連携・応援態勢の強化

・技術の継承

 豊富な経験に裏付けられた技術力の継承

anteika

 

詳細は以下のとおりです。

 

設置期間:平成16年度

提言書(PDF:78KB)
まとめ(PDF:51KB)
資料編(PDF:691KB)
委員名簿(PDF:37KB)

水道事業将来構想調査委員会

 岐阜東部地域の水道事業が「持続可能で自立した安定供給体制の確立」を目指すため、「岐阜東部水道事業経営改革検討委員会」において提言された事項について県市町が協働で議論を深め、水道事業経営の将来構想について調査・検討することを目的として設置しました。

設置期間:平成18年度-平成20年度

委員:水道企業課長、東部広域水道事務所、県営水道受水市町水道関係部課長

 水道事業将来構想調査委員会規約(PDF:52KB)

 水道事業将来構想調査委員会作業部会運営要綱(PDF:27KB)

 

水無瀬生活貯水池

 木曽川水系飛騨川の支流である水無瀬川に治水と利水の機能を持った多目的ダム(生活貯水池)を建設し、水道施設として原水の調節を行う施設です。現在は、関係機関と協議を行い、早期完成を目指しています。

 水無瀬生活貯水池Q&A

 

東濃西部送水幹線

東濃西部送水幹線(緊急時連絡)について

 

小名田調整・配水池

 東濃西部送水幹線(緊急時連絡管)とあわせて、多治見市、可児市の需要地域に安定的に水道水を供給するために、県営水道と多治見市、可児市が協働で建設しました。

 平成25年4月から供用を開始しています。

 

大容量送水幹線事業

 東日本大震災では改めて水道水の重要性が認識されました。緊急時には、少しでも多く応急給水用の水を確保し、また身近な場所に応急給水施設を整備するなど、ライフライン機能を強化することが必要です。また、県営水道の水道管の多くは、建設から約40年が経過して老朽化が進行し、漏水が多発しています。一部の古い水道管は耐震性がなく、大規模地震発生時には漏水被害の発生が懸念されており、対策が必要です。

 大容量送水管整備事業は、緊急時に対応するための貯留機能を合わせ持つ水道管を整備する事業です。

 大容量送水管整備事業の概要(PDF:1.88MB)

 大容量送水管整備事業のQ&A