ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

東海北陸自動車道

■東海北陸自動車道の概要

 東海北陸自動車道は愛知県一宮市で名神高速道路から分岐し、岐阜県内で東海環状自動車道及び中部縦貫自動車道と接続しながら北上し、富山県小矢部市で北陸自動車道に連結する総延長約185kmの高速道路です。
この路線により太平洋側と日本海側が直結され、中部内陸地帯の開発と発展のみならず、東海、北陸両地方の一体的発展に必要不可欠な社会基盤として大きな効果が期待されています。また、災害時には緊急輸送道路や代替迂回路として機能する重要な道路です。


【路線概要】
起点:愛知県一宮市(名神高速道路一宮JCT)
終点:富山県小矢部市(北陸自動車道小矢部砺波JCT)
延長:184.8km(岐阜県内141.7km)
道路区分:第1種3級
設計速度:80km/h
車線数:4車線(白鳥IC〜小矢部砺波JCT間は暫定2車線)
事業主体:中日本高速道路株式会社

 

【路線図】
東海北陸路線図

 

【東海北陸自動車道の経緯】

年月日 内容
昭和47年 事業着手
昭和61年3月5日 開通岐阜各務原IC〜美濃ICL=19.1km(4車線)
平成4年3月28日 開通福光IC〜小矢部砺波JCTL=11.1km(2車線)
平成6年3月25日 開通美濃IC〜美並ICL=17.2km(2車線)
平成8年4月18日 開通美並IC〜郡上八幡ICL=10.2km(2車線)
平成9年3月24日 開通一宮木曽川IC〜岐阜各務原ICL=5.6km(4車線)
平成9年11月10日 開通郡上八幡IC〜白鳥ICL=16.6km(2車線)
平成10年2月20日 開通尾西IC〜一宮木曽川ICL=3.8km(4車線)
平成10年12月13日 開通一宮JCT〜尾西ICL=3.9km(4車線)
平成11年11月27日 開通白鳥IC〜荘川ICL=21.9km(2車線)
平成12年9月30日 開通五箇山IC〜福光ICL=16.3km(2車線)
平成12年10月7日 開通荘川IC〜飛騨清見ICL=18.9km(2車線)
平成14年11月16日 開通白川郷IC〜五箇山ICL=15.2km(2車線)
平成16年12月4日 四車線化完成美濃IC〜瓢ヶ岳PAL=18.5km
白鳥IC以南L=2.1km
平成19年1月13日 飛騨トンネル本坑貫通
平成20年7月5日 開通飛騨清見IC〜白川郷ICL=25.0km(2車線)【全線開通】
平成20年7月18日 四車線化完成瓢ヶ岳PA〜郡上八幡ICL=8.9km
平成21年2月20日 四車線化完成ぎふ大和IC〜白鳥ICL=10.4km
平成21年7月17日 四車線化完成郡上八幡IC〜ぎふ大和ICL=6.2km
平成24年4月20日 白鳥IC〜飛騨清見IC間の整備計画変更
白鳥IC〜飛騨清見IC間四車線化事業の事業許可

 

■飛騨トンネル

飛騨清見IC〜白川郷IC間にある飛騨トンネルは延長10,710mで、道路トンネルとしては国内第3位です。このトンネルは土被りが1,000m以上におよび、大量の湧水や、盤膨れを起こすような脆弱な個所があり掘削に難航しました。この区間の完成をもって全線開通となりました。

飛騨トンネルの詳細は中日本高速道路株式会社のホームページ(外部サイト)

 

■白鳥IC〜飛騨清見IC四車線化事業の概要

【事業概要】
事業許可:平成24年4月20日
起点:白鳥IC(郡上市白鳥町那留)
終点:飛騨清見IC(高山市清見町夏厩)
延長:40.9km
事業主体:中日本高速道路株式会社

東海北陸四車線概要

 東海北陸自動車道四車線化事業については中日本高速道路株式会社のホームページ(外部サイト)

■東海北陸自動車道四車線化の整備効果

【白鳥IC〜飛騨清見IC間の渋滞解消】
観光シーズン、スキーシーズンに慢性的な渋滞が発生し、周辺道路交通にも影響していましたが、四車線化整備により渋滞は解消されます。また、現在は暫定二車線のため速度は70km/hに規制されていますが、四車線化により、80km/hとなるため、よりスムーズに移動できます。


【重大事故、維持管理作業に伴う交通障害の抑制】
中央分離帯にポールが設置されていますが、突破する重大事故も発生しています。強固なガードレールが設置されることで突破事故は無くなります。また、現在は暫定二車線のため、点検・補修をする場合や、事故があった時には通行止めをしなければなりませんが、四車線化により、通行止めの必要が無くなります。