ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大規模小売店舗立地法の新設届出状況の推移

1店舗当たりの面積は平成14年以降、大型化が進んでいましたが、平成18年の都市計画法改正により、

平成19年以降は概ね3千m2〜4千m2で推移しています。

岐阜県の年度別新設届出店舗面積(合計)及び一店舗あたりの平均店舗面積

年度 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 合計

新設届出

件数

3 7 11 15 15 18 14 22 17 10 16 19 17 19 13 12 11 16 14 269

※大規模小売店舗立地法施行後の届出を示す。

県内の業態別新設届出件数

 

 

 

 

(参考)

商業統計調査結果(岐阜県ホームページ)