ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

次世代住宅の普及促進

 岐阜県では、県全体のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門の省エネルギー対策として、既存住宅の省エネ改修や、次世代住宅(注)の普及を進めています。

 

(注)次世代住宅とは

「利用するエネルギーが少なく、自らエネルギーをつくる家」のことです。

次世代住宅の概念図

 

ぎふ次世代住宅導入ガイドライン

 岐阜県内に次世代住宅を建てる、もしくはリフォームする際に参考となる対策効果(エネルギー削減率や光熱費)をわかりやすく整理した「ぎふ次世代住宅導入ガイドライン」を策定しました。

ぎふ次世代住宅導入ガイドライン(概要版) (PDF,1.2Mb)
ぎふ次世代住宅導入ガイドライン(本編) (PDF,12.0Mb)
ぎふ次世代住宅導入ガイドライン(付属資料) (PDF,5.7Mb)

 

断熱性能効果簡易シミュレーション(EXCEL)

 省エネリフォームの実施による省エネルギー効果の目安を知ることができる「断熱性能効果簡易シミュレーション」を策定しました。

 このシミュレーションでは、ご自宅に近い住宅モデルを選択し、ご自宅の地域(郵便番号)、断熱性能(省エネ基準)、年間の電気、ガス、灯油使用量を入力することで、消費エネルギー、光熱費、CO2排出量の削減効果の目安を知ることができます。

断熱性能効果簡易シミュレーション
(読み取り専用で開いてください)
(EXCEL,1.1Mb)
建物モデルプラン(シミュレーション用) (PDF,1.2Mb)

 

省エネ住宅に対する支援制度

 

岐阜県次世代住宅普及促進協議会(平成28年度末で活動終了)

これまでの協議会の取組みは、こちらへ。