ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

次世代エネルギー産業創出コンソーシアムの取組について

設立趣旨

 大学などの研究機関が有するシーズと企業の技術をマッチングさせ、産学官連携による技術の開発・製品化を促進し、次世代エネルギー産業の創出を目指すことを目的に平成26年9月に設立しました。

 会員名簿(PDF:86KB)〔平成30年5月15日現在、県内外企業・自治体の46団体で構成〕

 

新規入会について

岐阜県次世代エネルギー産業創出コンソーシアムに新たに入会を希望される方は、下記要綱をご確認のうえ、入会申込書をご提出ください。

 

設置要綱

(PDF:259.7KB)

入会申込書

(Word:40.5KB)

退会届

(Word:39.0KB)

 

主な活動

現在、以下の3つの事業を柱に取組を進めています。

詳細については、こちら(PDF:559.5KB)をご覧ください。

 

(1)WG活動支援事業

 コンソーシアム会員で構成するWGが行う、次世代エネルギーに関する調査・研究等の活動に対し、コンソーシアムから補助金を交付していま

 す。H30年度予算:11,500千円

 ※補助金交付要綱(PDF:355KB)

 

(2)講習会等開催事業

 WGの形成を促進するため、先進的な研究・開発を行う大学や企業の講師による講習会の開催や、同取組を実施している施設等への見学会を実

 施しています。 

 

(3)エネルギー関係展示会支援事業

 WG活動による成果や、会員企業によるエネルギー関連の取組について広く情報発信を行うため、コンソーシアムによる共同出展を行っていま

 す。

 

 

最新のお知らせ

平成30年度第2回「WG活動支援補助金」補助事業の募集を開始します

 コンソーシアム会員で構成するWGが行う、次世代エネルギーに関する調査・研究等の活動に対し、コンソーシアムから補助金を交付する、標記補助事業の募集を開始します。

 

1受付期間

 ・平成30年5月21日(月)から平成30年6月18日(月)まで

 

2補助事業の実施期間

 ・交付決定日から平成31年2月20日(水)まで

 

3提出書類

 ・補助金交付申請書提出部数5部

 

4関連資料

 ・第2回募集案内(H30)(PDF:90KB)

 ・第2回募集要領(H30)(Word:163KB)

 ・WG活動補助要綱(H30)(PDF:355.2KB)

 ・WG要綱細則(H30)(Word:221KB)

 

 

 

 

平成29年度ワーキンググループ活動補助金の交付先を決定しました

ワーキンググループ名 代表会員

構成員

活動内容 活動期間
汚泥廃棄物バイオマス熱利用事業化研究会 (株)マルエイ レッツ(株) 昨年度WGにて導入したバイオマスマスボイラーを活用し、工場から排出される汚泥廃棄物の燃料化及び循環システムの研究及び実証テストを行う。 1年目
小型モビリティの利活用事業開拓WG 大日コンサルタント(株) 岐阜大学(野々村教授) 観光地における小型モビリティの活用可能性に着目し、小型モビリティにより観光地を周遊する新たな観光事業の確立を目的とした事業化可能性調査を実施する。 2年目
小型風力発電市場開拓ワーキンググループ 大日コンサルタント(株) 岐阜大学(吉野准教授)、
モディアクリエイト(株)、
岐阜高専
飛騨川周辺の面的な風況調査を行い、発電候補地点を選定する。また過年度試作製作した分割モータタイプの小型風力発電機をより高性能化して発電効率の検証を行う。 4年目
シリカコート事業化研究会ワーキンググループ (有)成瀬製畳 岐阜大学(野々村教授、大橋助教) 昨年度は、液体ガラスを利用した薄膜処理で反射率をMgF2以下に低減する反射防止被膜の形成が可能であることを確認した。本年度は実施工に準ずる方法での造膜試験を行い、再現性の確立と、太陽発電パネル基材への適合を検証する。 2年目
純水素型燃料電池用貯湯ユニットの開発 森松工業(株) 岐阜大学(板谷教授) 5KW級純水素型燃料電池からなる熱回収を模擬した熱源機と高効率温度積層型貯湯タンクからなる評価装置を試作し、熱回収および熱有効利用に関する要素技術を確立するともに、純水素型燃料電池用貯湯ユニットを開発する。 2年目

再利用鉛蓄電池の可能性研究会

興和(株) トヨタL&F中部(株)、(株)バウハウス丸栄

フォークリフトの電源として役目を終えた鉛蓄電池を再利用することにより、安定的に再エネを活用するシステムの価格低減を目指す。

2年目
純水素型燃料電池「G-Force」のエネルギー総合効率の向上WG (株)清流パワーエナジー

ブラザー工業(株)

純水素型燃料電池について、システム全体としての総合効率の最適化を図るため、分析・検証を行う。 2年目

 

 

 

これまでの主な取組について

平成30年度の総会を開催しました

平成30年度の総会が開催され、議案はすべて承認されました。

 

1日時平成30年5月15日(火)10時00分から10時30分まで

2場所岐阜県成長産業人材育成センター301多目的研修室

3出席41会員(うち委任状11会員)

4議事

 議第1号役員の選任について

 議第2号平成29年度事業報告について

 議第3号平成29年度収支決算について

 議第4号平成30年度事業計画について

 議第5号平成30年度収支予算について

 

小型風力発電セミナーを開催しまた

 コンソーシアムの活動のさらなる活性化に向けて、全国における先進的な取組みに関する講演「小型風力発電セミナー」をチラシ(PDF:392.3KB)のとおり開催します。

 

1日時

 ・平成30年1月24日(水)13:30から15:00

 

2場所

 岐阜県成長産業人材育成センター301多目的研修室

 (岐阜県各務原市テクノプラザ1丁目21番地アネックス・テクノ2内)

 

 

 

「再生可能エネルギー等普及促進セミナー」及び「エネルギーカフェ」を開催しました(バイオガス)

 コンソーシアムの活動のさらなる活性化に向けて、全国における先進的な取組みに関する講演「再生可能エネルギー等普及促進セミナー」と、このセミナーをきっかけとして事業化へ繋いでいくことを目的に、全員参加型のワークショップ方式で議論する「エネルギーカフェ(PDF:463.6KB)」をチラシ(PDF:407.0KB)のとおり開催します。

 

1日時

 ・平成29年8月28日(月)13:30から15:00

 (「再生可能エネルギー等普及促進セミナー」)

 ・平成29年9月14日(木)13:30から15:30

 (「エネルギーカフェ」)

 

2場所

 岐阜県成長産業人材育成センター301多目的研修室

 (岐阜県各務原市テクノプラザ1丁目21番地アネックス・テクノ2内)

 ※「再生可能エネルギー等普及促進セミナー」「エネルギーカフェ」とも同じ会場

 

 

平成29年度の総会を開催しました

 平成29年度の第1回総会が開催され、議案はすべて承認されました。

 

1日時平成29年4月26日(水)10時00分から10時30分まで

2場所OKBふれあい会館301中会議室

3出席33会員(うち委任状7会員)

4議事議第1号平成28度事業報告について

 議第2号平成28年度収支決算について

 議第3号平成29年度事業計画について

 議第4号平成29年度収支予算について

 

第1回「エネルギーカフェ(超小型モビリティ)」を開催しました

 コンソーシアムの活動のさらなる活性化に向けて、新たなエネルギービジネスを生み出す創発的な交流の場として、エネルギーに関連した様々なテーマについて自由闊達な意見交流を行う「エネルギーカフェ」を定期的に開催することとしました。

 

1日時

 平成29年2月28日(火)13:30から15:30

2場所

 岐阜県庁7階7北-1会議室(岐阜市薮田南2-1-1)

3内容(予定)

 <超小型モビリティの今後の展望と取組>

(1)「mini-EVレンタルによる六甲山回遊体験エリア事業」について

 六甲産業株式会社(神戸市)

(2)超小型モビリティの試乗会(県庁周辺を走行します)※車両についてはこちら(PDF:1.76MB)

(3)意見交換

4申込方法

 申込書(Word:46.0KB)によりお申し込みください(参加無料)

5定員

 30名程度

 

 

公民連携のまちづくり講演会を開催しました

 可児市及び株式会社橋本によるコンソーシアムワーキンググループ、「地域バイオガス事業化研究会」活動の一環として、下記のとおり講演会が実施されます。

 詳細及び申込様式についてはこちら(PDF:1.76MB)まで。

 

 ●開催日平成29220日(月)

 ●時間午後7時から(午後6時開場)

 ●場所可児市文化創造センター(アーラ)小劇場(虹のホール)

 ●内容公民連携のまちづくり等

 ●申込要申込(無料先着200名)

 ●主催可児市・株式会社橋本、岐阜県次世代エネルギー産業創出コンソーシアム

 

 

「超小型モビリティによる周遊観光実証事業」を実施しました

 下記チラシのとおり、平成28年11月20日(日)から、長良川鉄道「関駅」を起点とした超小型モビリティの実証事業が始まりました。

 

 チラシ(PDF:1800KB)

 

 

お問い合わせ先

岐阜県商工労働部新産業・エネルギー振興課エネルギー係
TEL:058-272-1111(内線2935)

FAX:058-278-2653