ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

株式会社水生活製作所と山県市が立地協定を締結しました。

 浄水器や水栓類など多岐にわたる水回りの生活用品について設計開発、製造及び販売を行う株式会社水生活製作所(本社山県市東深瀬)が、山県市東深瀬字針崎地内へ進出することを決定し、山県市と企業立地協定を締結しました。

 同社によると、新工場には本社・高富工場と美山工場に分散する組み立て・検査工程と物流倉庫機能を集約するとのことです。また、「数年かけて設備投資を行い、売上高を1.5倍にしたい」との発言もあり、地元雇用の拡大、税収の増加など更なる地域の発展が期待されます。

 岐阜県は、今後も同社新工場の円滑な事業展開に向けて、山県市をはじめとした関係機関と連携しつつ積極的に支援していきます。

 

<日時>

 平成30年12月21日(金)10時30分から11時10分

 

<場所>

 山県市役所2階公室

 

<出席者>

(署名人)株式会社水生活製作所代表取締役社長:早川徹
(〃)山県市長:林宏優
(立会人)岐阜県商工労働部次長:増田雅彦

 

 

企業立地協定締結式の様子

kyouteisiki1 kyouteisiki2

 

 

株式会社水生活製作所の概要

【本社】山県市東深瀬94番地2
【事業内容】給水栓、管継手、浄水器類、節水器、ガーデニング商材の水回り品の開発、製造、販売
【資本金】7,800万円
【売上高】18億円(平成30年7月期)
【従業員数】158人(平成30年7月末)
【事業所等】本社・高富工場(山県市東深瀬)、美山工場・樹脂工場(山県市佐野)、関東、関西営業所等

 

 

 

投資計画の概要

【立地場所】山県市東深瀬字針崎地内(民有地)
【面積】約6,300平方メートル(第1期工事約4,000平方メートル、第2期工事約2,300平方メートル)
【用途】工場兼倉庫※本社・高富工場(東深瀬)と美山工場・樹脂工場(佐野)に分かれている組立・検査工程及び物流倉庫機能を移設・集約
【初期投資】約5億円、従業員10人(パート従業員含む)
【建物着工】平成31年9月(第1期)、平成34年3月(第2期)
【完成予定】平成32年7月(第1期)※第2期は未定

 

 

関係者リンク先

・株式会社水生活製作所(外部サイト)

 

・山県市(外部サイト)