ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

株式会社岐阜多田精機と山県市が立地協定を締結しました。

 金型製造に対して長年の実績と優れた技術力を持ち、自動車部品等金型の設計、研究開発及び製作を手掛ける株式会社岐阜多田精機(本社:岐阜市東改田)が、山県市の大森地内へ進出することを決定し、山県市と企業立地協定を締結しました。

 同社によると、当該場所は本社から近く、山県市の柔軟な対応が進出の決め手となったとのことです。また、新工場は、高精度な金型の設計や製作、研究開発を行う予定であり、同社新工場が地元に愛され、地域に根差していただくことにより、地元雇用の拡大、税収の増加など更なる地域の発展が期待されます。

 岐阜県は、今後も同社新工場の円滑な事業展開に向けて、山県市をはじめとした関係機関と連携しつつ、補助金や人材確保など様々な面から積極的に支援していきます。

 

<日時>

 平成30年11月21日(水)10時30分から11時10分

 

<場所>

 山県市役所2階公室

 

<出席者>

(署名人)株式会社岐阜多田精機代表取締役社長:多田憲生
(〃)山県市長:林宏優
(立会人)岐阜県商工労働部次長:増田雅彦

 

 

企業立地協定締結式の様子

協定式1 協定式2

 

 

株式会社岐阜多田精機の概要

【本社・工場】岐阜市東改田字鶴田93番地

【事業内容】金型設計、製作及び研究開発(自動車部品用金型、住宅設備用金型、弱電機器用金型)

【資本金】5,500万円

【売上高】26億6,000万円(連結)(平成29年12月期)

【従業員数】84名(パート従業員含む)(平成30年11月現在)

【関連会社】株式会社名古屋多田精機(愛知県大府市)、株式会社福岡多田精機(福岡県朝倉郡)、株式会社多田精機(愛知県大府市)

 

 

 

投資計画の概要

【進出場所】山県市大森(字尾脇)地内

【敷地面積】約9,800平方メートル(平地面積約7,500平方メートル)

【建物面積】(延床)2,400平方メートル(1期工事:800平方メートル、2期工事:1,600平方メートル予定)

【投資金額】約20億円(1期工事:9億円、2期工事:11億円予定)

【雇用見込】1期目操業時10名(完全操業時50名)(パート従業員を含む)

【着工時期】2019年9月(予定)

【完成・操業】2020年1月(予定)

【事業内容】金型設計、製作及び研究開発(自動車部品用金型、住宅設備用金型、弱電機器用金型)

※本社工場の増産対応、秘匿性の高い研究開発

 

 

関係者リンク先

・株式会社岐阜多田精機(多田精機グループ)(外部サイト)

 

・山県市(外部サイト)