ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「地域森林管理・経営に関する研修会」(平成20年度)

第8回

期日 平成21年1月7日(水)(岐阜県庁)
研修内容 ・健全で豊かな森林づくりプロジェクト
県産材流通課技術主査中村幹広
・林業と国産材をめぐる状況について
林材ライター赤堀楠雄
・当面の森林作業システムのあり方
東京大学森林利用学研究室教授酒井秀夫
・意見交換会
県産材流通課技術主査中村幹広
林材ライター赤堀楠雄
参加者数
(延べ)

 61人
(森林組合(単組・県森連)、林業事業体、建設業事業体、行政(県・市町)、試験研究機関、県外郭団体)

研修の様子

 

第7回

期日 平成20年12月18日(木)(関市下之保地内)
研修内容 ・中濃森プロ事業実績及び計画説明
中濃森林組合業務部長林郁夫
・革新的取組支援事業等説明
(株)カネキ野村木材店代表取締役社長大野公之
・現地説明及び作業システム実演
(株)カネキ野村木材店代表取締役社長大野公之
〃森林技術者山口良三/鈴木慶子
中濃森林組合林産課課長補佐砂田尊広
・意見交換会
中濃農林事務所林業普及指導員藤下定幸
森林整備課(美濃市駐在)技術主査池戸秀隆/長屋公三
参加者数
(延べ)
 41人
(森林組合、林業事業体、行政(県・市))
研修の様子

第6回

期日 平成20年11月7日(金)(飛騨市宮川町)
研修内容 ・革新的取組支援事業の概要
飛騨市森林組合業務課課長補佐沼田克也
・路網整備による効率的作業システムの構築
(四万十式作業路開設/木材生産システム)
フォレスト・アメニティ研究所所長辻端武彦
(株)ネイチャー6職員大泉雅人/二枚田忠
・意見交換会(作業路開設/木材生産システム等)
(株)富士通総研主任研究員梶山恵司
参加者数
(延べ)
 40人
(森林組合、林業事業体、行政、試験研究機関、教育機関)
研修の様子

第5回

期日 平成20年9月26日(金)(白川町)
研修内容 ・白川森プロ業計画説明
白川町森林組合業務課長玉置雅野
・現地研修会(作業路開設/木材生産システム)
白川町森林組合業務主任澤田卓朗
・意見交換会(白川森プロ/作業路開設/木材生産システム等)
可茂農林事務所技術主査小島徳文
・総括講評・アドバイス
森林整備課(美濃市駐在)技術主査下野俊彦
参加者数
(延べ)
 51人
(森林組合、林業事業体、行政)
研修の様子

第4回

期日 平成20年7月29日(火)
(揖斐総合庁舎:揖斐川町)
研修内容 =たにぐみやまづくりプロジェクト(岩坂峠)研修会=
・間伐コスト分析シートver.2の説明
全国森林組合連合会本多孝法
・間伐コスト分析シートを用いた分析作業
揖斐郡森林組合林産課長長谷川政弘
揖斐農林事務所林業普及指導員森川宣禎
・分析結果を踏まえたグループ討議・発表
(株)富士通総研主任研究員梶山恵司
参加者数
(延べ)
 42人
(森林組合、林業事業体、行政、民間コンサルタント)
研修の様子

第3回

期日 平成20年7月23日(水)-24日(木)(2日間)
(山県市椿地内、関市富之保地内ほか))
研修内容 =フォレスター来日研修会=
・日独林業の比較検討によるアドバイス聴取
=施業方針、作業システム、道づくりetc.=
元フォレスターゲアハルト・リーガー
小ヴィーゼンタール森林所有者共同体マネージャー
通訳池田憲昭
ドイツ黒い森木材チェーン協会専属ジャーナリスト
参加者数
(延べ)
 36人
(森林組合、林業事業体、行政、試験研究機関、教育機関)
研修の様子

第2回

期日 平成20年6月25日(水)
(恵那市上矢作町)
研修内容 =恵南地域森林づくりプロジェクト研修会=
・施業集約化の取り組み
恵南森林組合管理課長小林太郎
〃専務補佐中垣義光
・作業路の開設技術
極東森林開発(株)代表取締役中原丈夫
大福代表福島大介
参加者数
(延べ)
 50人
(森林組合、林業事業体、行政、試験研究機関、教育機関)
研修の様子

第1回

期日 平成20年5月14日(水)
(岐阜総合庁舎:岐阜市)
研修内容 =提案型集約化施業に関する研修会=
・提案型集約化施業に関する全国の動き
(株)富士通総研主任研究員梶山恵司
・日吉町森林組合における取り組み紹介
DVD鑑賞
・森林施業提案書
=総事業費の見積もりと精算の基本的考え方=
=単価設定のアプローチ=
森林整備課(技術支援担当)技術主査下野俊彦
参加者数
(延べ)
 27人
(行政、林業普及指導員)
研修の様子