ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

管内の農林業のすがた

農畜産業

 耕地面積は5,222ha(県全体の9.2%)で、ほ場整備率は85.1%(県平均64.8%)となっています。農業生産は稲作を基盤とし、南西部では著しく都市化が進展する中で、施設園芸(野菜、花き)、露地野菜、果樹(なし・かき)などの作物生産が盛んです。とくに東北部の中山間地域では緑茶の生産をはじめ、夏秋野菜の生産が行われています。畜産では酪農、養豚、養鶏の企業的な経営が定着しています。近年は獣害による農作物被害が多発し、深刻な問題になっています。

 

林業

 森林面積は61,052ha(県全体の7.1%)と管内総面積の73.2%を占め、うち民有林面積は58,904ha(県全体の8.6%)となっています。林野率は東濃ひのきの産地である北部が高く、南部は保養健康的森林となっています。可茂管内の森林には生育途中の若木が多く、間伐が必要な森林(3~12齢級)が人工林の67.4%(21,705ha)を占めており、偏った林齢分布となっています。また、林業、木材産業の不振が続いていることから、荒廃する森林が増えています。

 

スギ・ヒノキ齢級別面積

 

管内市町村別面積、人口、耕地、森林状況一覧表(PDF85KB)

管内市町村別面積、人口、耕地、森林状況一覧表(Excel形式47KB)